その他のドラフト指名選手へのあいさつ

加藤貴之, 塚田貴之, 大瀧愛斗, 宇佐見真吾, 巽大介, 角屋龍太, 谷川原健太, 高橋奎二

ドラフト会議で指名した選手へのあいさつが行われている。以前は指名あいさつの時に契約第1号というような選手もいるが、今年はまだ契約を交わした選手はいない。

この日の指名あいさつ状況

北海道日本ハムはドラフト2位で指名した新日鉄住金かずさマジックの加藤貴之投手に指名あいさつを行った。加藤投手は一昨年からのドラフト注目選手では、一昨年の日本選手権で優勝に貢献し昨年のドラフト上位候補として注目された。しかしチームに貢献していないとチーム残留を決めたが、今年は調子を落とし都市対抗出場をすることができなかった。

東京ヤクルトはドラフト3位で指名した龍谷大平安の昨年のセンバツ優勝投手・高橋奎二投手に指名あいさつ。高橋投手は1年生秋の明治神宮大会でキレの良い速球を見せて注目され、春のセンバツで優勝した。今年は京都大会で敗れるなど活躍は見せられなかったが、140キロの速球と鋭く曲がるスライダー、そして独特の大きくてゆっくりとしたフォームが特徴。

福岡ソフトバンクはドラフト3位で指名した谷川原健太捕手に指名あいさつ、谷川原投手はドラフト1位の高橋純平投手とバッテリーを組むことを熱望した。ドラフト2位の小澤怜史投手も含めて3人は東海地区で近くでプレーを見ていた。

埼玉西武はドラフト4位で指名した花咲徳栄の大瀧愛斗選手に指名あいさつ、夏の予選では複数球団が注目し、甲子園でもホームランに広い守備範囲を見せ、オコエ選手クラスの身体能力を見せた。

巨人はドラフト4位で指名した城西国際大の宇佐見真吾選手に指名あいさつ、遠投115mの強肩と逆方向に長打を打てる打力にも期待した。また巨人はドラフト6位で指名した巽大介投手に指名あいさつ、3年夏の予選で注目され、巨人は山下スカウト部長など複数スカウトで視察していた。大型左腕投手として期待が高まっている。

オリックスはドラフト8位で指名したジェイプロジェクトの角屋龍太投手に指名あいさつ、普段は居酒屋の厨房で仕事をする角屋投手、今年の都市対抗野球に補強選手として出場し、140キロ中盤の力のある速球を投げた。

またオリックスは育成ドラフト1位の白鴎大・塚田貴之投手に指名あいさつをおこなった。塚田投手はリーグを代表する182cmの大型右腕。

 


PAGE TOP