この日のドラフト指名あいさつ

この日も各球団のドラフト指名あいさつが行われている。

中日はドラフト2位で指名した東北福祉大の佐藤優投手に指名あいさつを行った。佐藤投手は東北福祉大OBの佐々木主浩投手氏からフォークボールの握りを教えてもらったという。そのフォークを谷繁監督の前で披露したい。

埼玉西武はドラフト3位で指名した西濃運輸の野田昇吾選手に、佐藤友亮スカウトがあいさつを行った。佐藤スカウトは「フォームに躍動感があり、気持ちを全面に出す姿に魅力を感じた」と話した。野田投手は鹿児島実時代にも147キロの速球とカーブを投げる投手として注目され、高校日本代表として谷田成吾選手や高橋周平投手などとともにプレーした。社会人ではまだ目立った実績は残せておらず、「今は選手権のことしか頭にない。全国大会でまだ貢献できていないので、いい投球をして恩返ししたい」と明日開幕する社会人野球日本選手権での活躍を誓った。

阪神はドラフト4位で指名した横浜創学館の望月惇志投手に指名あいさつを行った。188cmから148キロの速球を投げる望月投手は阪神の藤浪晋太郎投手について「高校から上がってエース、柱としてチームを支えておられる。試合中の心理や練習内容が気になるので、聞けたらいいなと思います」と話した。

北海道日本ハムはドラフト5位で指名した日本文理大・田中豊樹投手に指名あいさつ、田中投手は152キロの速球を投げるリリーフとして大学でも2年時に日本代表入りしている。最近の投球ではリリーフで登板し失点を重ねてしまいドラフト直前での大きなアピールはできなかったが、力のある投手。

オリックスはドラフト7位で指名した三菱重工名古屋の鈴木昂平選手に指名あいさつ。社会人を代表する守備力の高い遊撃手として注目されている。

東北楽天はドラフト6位で指名したパナソニックの足立祐一捕手に指名あいさつ、26歳のオールドルーキーとなるが、毎年ドラフト候補に挙がる社会人を代表する捕手だった。

中日は育成ドラフト5位で指名した八戸学院光星・呉屋開斗投手に指名あいさつ、178cmの左腕で八戸学院光星独特の鋭い沈む変化球を投げる。

2015ドラフト全指名選手 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

 


PAGE TOP