東北楽天ドラフト4位・堀内謙伍捕手、横浜DeNEドラフト4位・戸柱恭孝捕手が仮契約

堀内謙伍, 戸柱恭孝

今年のドラフト4位で指名された捕手2人が、契約、仮契約を行った。侍ジャパンU18代表でも活躍した東北楽天堀内謙伍選手は、契約金4000万円、年俸600万円で契約を交わした。

東北楽天4位・堀内謙伍捕手

堀内謙伍選手は静岡高校の主軸として昨年から注目されていた。それでも大舞台でなかなか結果を残せなかった事や、最後の夏の甲子園でも初戦で4打数2安打と活躍も東海大甲府に敗退し、プロ入りは将来の夢として社会人に進むことを明言していた。

しかし甲子園大会終了後にU18代表メンバーに選出されると、平沢大河選手や高橋純平投手、小笠原慎之介投手、オコエ瑠偉選手といった代表選手と交流していくうちにプロへの思いが強くなり、また、代表でもリードや打撃で結果を見せた事からプロ志望届を提出し、東北楽天が4位で指名をした。この日は本契約をした堀内選手、「1日でも早く1軍でプレーできるよう鍛え、いずれはチームの看板選手になりたい」と話した。

 

横浜DeNA4位・戸柱恭孝捕手

横浜DeNAはドラフト4位で指名したNTT西日本の戸柱恭孝捕手と、契約金5000万円、年俸950万円で仮契約を交わした。戸柱捕手は鹿児島県出身で鹿屋中央から駒澤大、そしてNTT西日本で捕手として注目されてきた。肩が強くキャッチングも良い選手で、打撃のセンスもある選手だが、横浜DeNAは12球団ワーストの捕逸を記録しているものの、黒羽根捕手、高城捕手、そして嶺井博希選手と肩があり経験もある捕手が競い合っている。その中で試合に使われるためには、もちろん肩もキャッチングはベースとなるが、打撃でもアピールする必要が出てくる。

2015ドラフト全指名選手 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

2015年度-高校生捕手のドラフト候補リスト

2015年度-社会人捕手のドラフト候補リスト


PAGE TOP