中日がドラフト6位の石岡諒太選手と、オリックスが育成ドラフト2位の赤松幸輔選手と入団合意

石岡諒太, 赤松幸輔

中日はドラフト6位で指名したJR東日本の石岡諒太選手と、契約金5000万円、年俸1000万円で仮契約を交わした。

石岡選手は187cmの大型内野手だが50m5秒台で走る身体能力があり、社会人の強豪・JR東日本の主軸を打ってきた。社会人5年目の選手だが、神戸国際大付から直接入っており23歳のまだ若い選手。しかし貫禄は社会人の中心選手という雰囲気を感じさせる。ドラフト6位だが契約金の年俸も高く期待が込められている。

中日は昨年も社会人選手を中心にドラフト会議で指名をしたが、1年目から活躍できたのはドラフト7位の遠藤一星選手だけだった。落合GMが主導して2度目となる今年のドラフトも1位は小笠原慎之介投手、2位は東北福祉大の佐藤優投手だったが、3位以降は社会人選手を並べてきた。昨年と今年で獲得した社会人選手が結果を出さなければ落合GMも危ういか。

オリックス育成ドラフト2位・赤松幸輔捕手

オリックスは育成ドラフト2位で指名した香川オリーブガイナーズの赤松幸輔捕手と、支度金300万円、年俸250万円で契約した。188cm121kgの巨漢捕手で猛牛打線にぴったりの選手。飛距離は十分でその特徴を生かしていきたい。

2015ドラフト全指名選手 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page


PAGE TOP