2016年ドラフト会議に今年も観覧希望者を募集

日本プロ野球機構(NPB)は、10月20日に開催されるドラフト会議について、観覧希望者の募集を開始した。申し込みはすでに始まっており、締め切りは9月28日の17時までとなっている。応募者多数の場合は抽選となる。

今年はどんな歓声が

昨年のドラフト会議では、千葉ロッテのドラフト1位の平沢大河選手の指名や、阪神のドラフト1位・高山俊選手の指名に大きな歓声が沸き起こった。そして、高山俊選手の抽選における真中監督の勘違いが発覚した際には、大きな動揺が会場を包んだ。

ここ数年はファンの方を1000人を募集して行われるようになったドラフト会議、今年もその募集が始まった。人数はかかれていないが、例年と同じくらいだとみられる。

ドラフト会議の日時は10月20日17時に開始予定、場所はいつも通り、グランドプリンスホテル新高輪の国際館パミールで行われる。

今年は創価大・田中正義投手や、作新学院・今井達也投手、履正社・寺島成輝投手、横浜藤平尚真投手、花咲徳栄・高橋昂也投手、東京ガス・山岡泰輔投手といった選手たちの1位指名を巡り、また大きな歓声が沸く事になりそうだ。

観覧希望者募集要項 | 2016年 プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD | NPB.jp 日本野球機構


PAGE TOP