横浜DeNA育成ドラフト2位・山本武白志選手は入団微妙か

九州国際大付, 山本武白志

横浜DeNAが育成ドラフト2位で指名した、九州国際大付の山本武白志選手は、入団に向けては微妙な状況となっている。

甲子園3本塁打

山本武白志選手選手は九州国際大付の主軸として、この夏の甲子園で3本塁打を放つなど活躍を見せた。スローイングなども安定をしており評価も高く、ドラフト上位にも名前が挙がった。しかし、ドラフト会議では本ドラフトでの指名はなく、育成ドラフトの2位で横浜DeNAが指名をした。

指名を受けた山本選手は「高卒でのプロを目指してきた。」と話したものの、「悔しい。心の中でもやもやが大きい」と心境を話し、さらに「複雑な心境、よく考えて決断したい。現段階では何も決めていない」と話した。

 

元プロと話し合い

父親は元巨人千葉ロッテの監督を務めた山本功児氏、また九州国際大付の監督は元西武のヘッドコーチや東北楽天の編成部長を務めた楠城監督、これらの元プロの経験者と相談し進路を決める。

2015ドラフト全指名選手 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page


PAGE TOP