横浜DeNA育成ドラフト2位・山本武白志選手が入団へ!

山本武白志

横浜DeNAが育成ドラフト2位で指名した、九州国際大付の山本武白志選手がプロ入りへの決意を示した。ドラフト会議の時は予想外の下位での指名でショックを隠せず、周囲と相談して進路を決めると話していた。

プロに行きたい

横浜DeNAは育成ドラフト2位指名の選手ではあるが吉田スカウト部長と稲嶺スカウトが指名あいさつを行い、誠意を示した。山本武白志選手は今年夏の甲子園で3本塁打を放った右の大砲で、「高校卒業でプロに行く」と進路をプロ入り一本の絞って高校3年間を過ごしてきた。そしてドラフト会議前の評価ではドラフト3位前後という予想もあったが、ふたを開けてみれば本ドラフト会議では指名がなく、育成ドラフトでの指名だった。

テレビ出演もしていた山本選手は、「心の中のモヤモヤが大きい」と話し、評価の低さにショックを受けていた様子で、「信頼できる人と相談して結論を出したい」と話し、父親の山本功児氏も「進路については考えたい」と慎重な姿勢を示していた。

しかしこの日の指名あいさつではすっきりした表情で受け答えし、「当日は無責任な発言はできないと思い、はっきりと口にしませんでしたが、プロに行きたいと思っていた」と話し、もともとのプロ入りへの強い意志を貫いた。

 

神奈川県出身

山本選手は神奈川県出身で「横浜は地元だし横浜スタジアムはきれいな球場」と話した。育成枠からのスタートとなるが「まずは支配下選手になること」と話し、育成から這い上がっていく決意を示した。

甲子園での3本塁打にスローイングも安定しており、右の大砲候補でサードを守れる選手として2年後くらいには1軍で見られるような選手になりそうだ。期待したい。

2015ドラフト全指名選手

2015年度-高校生内野手のドラフト候補リスト

育成での指名にドラフト当日は「複雑な心境」と話していたが、この日は「育成であれ、支配下であれ野球はできる」とスッキリした表情。元ロッテ監督の父・功児氏からも激励されたという。ラミレス新監督は「皆さんが期待できる選手に育てていければ」と対面を楽しみにしている様子だった。


PAGE TOP