横浜DeNAドラフト4位、NTT西日本・戸柱恭孝選手が涙でプロへ

戸柱恭孝

社会人野球日本選手権、NTT西日本は都市対抗王者の日本生命に向かっていったものの、0-3で敗れた。マスクを被った横浜DeNAドラフト4位の戸柱恭孝選手は最後の打者となり、涙で社会人野球に別れを告げた。

気持ちが入り

戸柱恭孝選手は鹿屋中央高校から駒澤大に進むと安定したキャッチングを見せてプロも注目する捕手となった。NTT西日本でも正捕手として多くの投手をリードし、昨年もドラフト候補として名前が挙がると、今年は横浜DeNAにドラフト4位で指名された。

アマチュア野球最後となる今大会、初戦はルーキーの大城卓三選手にマスクを譲ったものの、2回戦で4年目の浜崎浩大投手を好リードして完封勝利をつけると、この日も6番捕手としてエース・吉元一彦投手をリードした。8回まで1失点とエースをリードし、自らも8回までに3打数2安打と接戦を演じたが、9回に2失点し点差を広げられると9回はチャンスで打席が回るものの三塁ファールフライに終わり、3年間プレーした社会人野球の最後の打席となった。

打席前から気持ちが入っている姿が見られた。そしてファーストに走り込んだ後に試合終了の整列をし、応援団にあいさつをする。その間、目に涙を浮かべ社会人野球への思いを見せていた。「最後は打ってやろうと気持ちが入りすぎた。プロでは球団の信頼を勝ち取れる捕手になりたい。」と話した戸柱選手、熱い気持ちを持った捕手として活躍しそうだ。

NTT西日本のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2015ドラフト全指名選手 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page


PAGE TOP