横浜DeNA・ラミレス監督、ドラフト1位の今永昇太投手を開幕カード巨人戦に登板示唆

今永昇太

横浜DeNAのラミレス監督は、今永昇太投手が東都リーグの入れ替え戦で3安打12奪三振で完封したことを聞き、来年の開幕カードの巨人戦に先発させることを示唆した。

巨人戦登板を明言

昨日の投球の結果を聞いたラミレス監督は「グッドニュース、すごいね。彼は内角を厳しく突ける」と話した。

元々、1軍デビュー戦は巨人戦で登板させるとしていたラミレス監督だが、来季の日程が決まり開幕カードが巨人戦となったことで、「今の状態を持続すれば、外す理由はない。彼自身も巨人に勝てば勢いがつく」と話した。

巨人・高橋監督と新人監督同士の対戦となる。それに伴い両チームとも来年は、顔ぶれが大きく変わってくる可能性もある。巨人もドラフト1位の桜井俊貴投手がローテーションに入ってくればルーキー対決も見られるかもしれない。期待したい。

7日に今永が、東都大学野球の東洋大との入れ替え戦(神宮)で3安打完封したことを伝え聞き、「コンディションを保てれば(開幕ローテに)入らない理由はない」。巨人戦先発にも「ある!」と日本語で即答した。


PAGE TOP