横浜DeNA・ドラフト3位指名の柴田竜拓選手と仮契約、その他仮契約情報

井口和朋, 出口匠, 柴田竜拓, 與那原大剛, 船越涼太, 西川龍馬

ドラフト指名選手の仮契約が続いている。横浜DeNAはドラフト3位で指名した国学院大・柴田竜拓選手と、契約金6000万円、年俸1000万円で仮契約を交わした。

柴田竜拓選手は167cmの小柄の内野手だが、遊撃手としての左右の動きは抜群で、昨年ドラフト3位で横浜DeNAに入団し、ファインプレーで1軍でも活躍した倉本寿彦選手と比べても同じくらい上手いと思う。打撃もバットを振りぬくスタイルで強い打球を放つ。ただし遊撃手では2年目となる倉本選手とタイプ的には重なる。また2012年ドラフト1位の白崎選手もおり、セカンド、サードも含めて大きな入れ替えの可能性もありそうだ。

巨人はドラフト3位で指名した普天間高校の與那原大剛投手と、契約金5000万円、年俸600万円で仮契約を交わした。背番号は46となった。與那原投手は最速148キロの速球でこの夏の沖縄大会で大ブレークを見せた。コントロールも良く欠点が少ない投手として、1年目の後半には1軍で投げている可能性もある。

北海道日本ハムはドラフト3位で指名した東農大北海道オホーツクの井口和朋投手と、契約金5000万円、年俸900万円で仮契約を交わした。井口投手は大学では風張蓮投手や玉井大翔投手といった先輩がいたため昨年までは主にリリーフなどで投げていたが、春のリーグ戦は3勝1敗、防御率0.48、秋も優秀投手を獲得する活躍を見せた。侍ジャパン大学代表でも田中正義投手などがおりリリーフでの登板が多かったが、最速149キロまで球速を伸ばし力のある球とフォークボールは鋭い。1年目からリリーフで活躍を見せてくれそうだ。

阪神はドラフト3位で指名した熊本ゴールデンラークスの竹安大知投手と、契約金5000万円、年俸840万円で仮契約を結んだ。竹安投手は伊東商時代から長身投手として注目された183cmの右腕で、制球の良さを評価しての指名となった。担当の田中スカウトも「球持ちと制球の良さを評価した。将来性もあるので、頑張ってほしい」と話した。

広島はドラフト4位で指名した王子の船越涼太選手と契約金4300万円、年俸800万円で仮契約を交わした。遠投115メートルの強肩とキャッチングに定評があり、「プロは小さい頃からの夢。不安も無くはないけど、今はワクワク感が強いです。」と話した。

また広島はドラフト5位で指名した王子の西川龍馬内野手とも、契約金4000万円、年俸750万円で仮契約、敦賀気比出身の天才バッターとも呼ばれるほど打撃、走塁、守備のセンスが高い。

東北楽天は育成ドラフト1位で指名した津田学園の出口匠選手と、支度金200万円、年俸240万円で仮契約を交わした。出口選手は174cmだが90kg以上というどっしりとした体形で、高校通算41本塁打を記録、県岐阜商の高橋純平選手からもホームランを放っている。長打力を評価されてのプロ入りでプロでも長打力を伸ばしてほしい。

2015ドラフト全指名選手 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page


PAGE TOP