横浜DeNAがスカウト会議、花咲徳栄・高橋昂也投手を「春と比べてすごく良くなっている」

横浜DeNAは横浜市内の球団事務所でスカウト会議を開き、高校生、社会人のドラフト候補について確認をした。

高校BIG3を評価

高田GMは「都市対抗と高校生の確認。絞り込み作業ではない」と話し、高校野球都道府県大会と都市対抗で視察した選手の評価と確認を行った模様で、甲子園で注目する選手などについても確認をしたものとみられる。

その中で花咲徳栄・高橋昂也投手、履正社・寺島成輝投手、横浜・藤平尚真投手について「誰が見てもいい選手」と評価し、その中で高橋投手について「春と比べて、すごくよくなっている」と話した。

横浜DeNAのドラフトは?

横浜DeNAは投手と野手に若い選手が結果を残しはじめ、先発投手陣では山口俊投手、久保康友投手の軸に石田健大投手、今永昇太投手、そして外国人投手が加わり12球団でもレベルの高い投手陣となっている。ただし、山口俊投手はFA権を取得しており、久保投手はベテランとなっていること、また外国人投手は好不調の波が激しい。三嶋一輝投手、砂田毅樹投手、飯塚悟志投手や綾部翔投手といった若手投手を育てているもののまだ層が厚いとは言えず、国吉投手や高崎投手など長年プレーしているものの今年の先発争いに敗れた投手は、トレード等も含めた入れ替えの対象になってくるかもしれない。

チームとしては若い先発投手の獲得が今年の補強ポイントとなりそう。右腕投手が有力かもしれないが、今永投手も石田投手もまだ出始めたばかりで今後は壁に当たる事も考えられる事から、左右関係なくエースとなれる投手を1位指名する。右であれば創価大・田中正義投手、横浜高・藤平尚真投手、桜美林大・佐々木千隼投手、左ならば花咲徳栄・高橋昂也投手、履正社・寺島成輝投手という事になりそうだ。

ただし1位2位で投手をそろえるかというと、2位の指名順位が今年は真ん中くらいにはなりそうで、1位クラスの投手が残っているかは微妙、そこで筒香選手に続く選手の指名をしてくるのではないかと思う。

野手について確認をすると、課題だった遊撃手に倉本寿彦選手が、また捕手でも戸柱恭孝選手が加わり安定したことで今年は将来の4番候補の獲得ができるタイミングとなっている。野手については来年のドラフトで大物が予想されるものの、2位で高校生スラッガーの指名があるかもしれない。候補として挙げられるのは明秀日立の細川成也選手でスカウトが高く評価している。細川選手の評価について他球団の動向を見極め、3位で残っていないと判断した場合は2位で指名する事になりそうだ。

2016年ドラフト指名予想 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

横浜ベイスターズのドラフト会議メインページ | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

DeNAは3日、横浜市内でスカウト会議を開き、高校生のドラフト候補の確認などを行った。高田繁ゼネラルマネジャー(71)は「絞り込み作業はこれから」とした上で、横浜高・藤平ら高校ビッグ3について「誰が見てもいい選手」と評価した。


PAGE TOP