横浜DeNAがスカウト会議、ドラフト1位指名は投手

横浜DeNAはスカウト会議を開き、ドラフト1位では投手を指名する事が明らかになった。

ドラフト1位は投手

横浜市内の球団事務所で行われたスカウト会議終了後、高田GMは「うちのチーム事情を考えると、1位は投手を指名すると思う。」と話し、投手の1位指名を明言した。そして「今年の投手は本当にいい」と話し、投手に好素材が集まっていることを強調した。

ドラフト1位候補には、履正社・寺島成輝投手、花咲徳栄・高橋昂也投手、横浜高・藤平尚真投手、作新学院・今井達也投手、創価大・田中正義投手、桜美林大・佐々木千隼投手、明治大・柳裕也投手などを高く評価した。

横浜DeNAのドラフト

横浜DeNAは今年の戦いにおいて、倉本寿彦選手と戸柱恭孝選手の存在が大きく、遊撃手と捕手が固定されたのが大きかった。外野手は筒香選手と桑原選手はレギュラーを獲得したものの、故障がちの梶谷選手もレギュラーを奪う事が出来なくなるかもしれないほど厳しい争いとなっている。野手の中で補強ポイントは強打のサードとセカンドという事になり、宮崎敏郎選手、山下幸輝選手、柴田竜拓選手、白崎浩之選手などが争う中で、素質の高い選手を争いに加えたい。また遊撃手は倉本選手を刺激する控え選手は見ておきたいところだろう。

投手については、石田健大投手、今永昇太投手が台頭し、山口俊投手や井納翔一選手がローテーションを守った。外国人投手の支えもあり1年間ローテーションをうまく回せたが、砂田毅樹投手、三嶋一輝投手と勝負できるくらいの投手がもう1枚ほしい。また終盤はリリーフに負担がかかっており、リリーフでももう1、2人は必要となる。

ドラフト1位は投手、先発ができる投手を左右関係なく欲しいが、上記の選手が獲得できれば申し分ないだろう。ドラフト2位も今年は投手の素材が多いことを鑑みるともう1枚投手の指名という事になる。2位指名は12球団の中で真ん中あたりになりそうだが、まだ好素材の投手が残っている事も考えられる。

ドラフト3位ではどのポジションを優先するかだが、高校生内野手ならば酒田南の石垣雅海選手、明秀日立の糸野雄星選手、秀岳館の松尾大河選手など、また将来の主力メンバーを考えるなら明秀日立の細川成也選手や静岡高の鈴木将平選手なども候補になる。

リリーフ投手を考えるならば、3位まで残っている可能性は低いものの神奈川大の濱口遥大投手や東海大北海道の水野滉也投手、将来のエース候補ならば、大阪桐蔭の高山優希投手や創志学園の高田萌生投手などが獲得できると面白い。

いずれにしても今年は投手中心の指名となることが予想される。

横浜ベイスターズのドラフト会議メインページ | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

2016年度-特Aランクのドラフト候補リスト

スカウト会議、高田GM「1位は投手」 日刊スポーツ紙面 2016/9/22

DeNAが21日、横浜市内でスカウト会議を開き、ドラフト1位候補を確認。投手を指名する方針で履正社高・寺島、横浜高・藤平、作新学院高・今井ら、創価大・田中、桜美林大・佐々木千、明大・柳らをリストアップ。高田繁ゼネラルマネジャー(71)は「うちの事情を考えたら、まず野手はない」。

DeNAは横浜市内の球団事務所でスカウト会議を行った。ドラフト1位には投手を指名する方針を確認し、高田GMは「一番いい選手を獲りにいく。今年は投手にいい選手が多い」と話した。


PAGE TOP