2度の抽選を外した球団の指名、横浜DeNAの場合

濱口遥大

今年のドラフト会議では1位指名の抽選を2度外したチームが4球団、それぞれの指名は?

2度の抽選を外す

豊作ドラフトと言われた今年のドラフト会議だが、やはり抽選を2度外したチームは苦しい指名となった。

横浜DeNAは柳投手、佐々木投手を指名右の先発の柱の獲得を狙ったが叶わなかった。また外れ1位で指名を予定していたとみられる藤平尚真投手も東北楽天に1位指名された。その中で選択したのは濱口遥大投手だった。

ラミレス監督は「パワーピッチャーで即戦力、ローテを争ってチームの助けになってくれる」と評価し「まずは先発で見てみたい」と話した。また神奈川大と地元の出身で「多くのファンに声援を送ってもらえる」と話した。濱口投手も「すごくいいチームに指名していただいた。先発で2ケタ勝って新人王というのはめ目指したい」と話した。

石田健大投手、今永昇太投手の2人の左腕がブレークし、そこに3枚目の左腕が加わる。球速は150キロ、パワーピッチングに鋭い変化球を投げる。二人から気持ちや投球術を教われば幅も広がろうだろう。ただし昨年のプロ若手との試合でも先発したが早いイニングでノックアウトされた。試合によって圧巻のピッチングをしたと思えば制球を乱して失点したりと、リーグ戦でも春と秋で全然違った成績を残している。1試合で何球も投げられるようなスタミナはあるものの、1年を通して成績を残していくようなスタミナはこれからつけなければならない。

2位以下に影響も

1位指名を2度外し、狙っていた選手が指名された影響は2位以下の指名にもあったのではないかと思う。2位の水野滉也投手も本人も驚くほど高い順位の指名で、北海道日本ハムが気になるものの3位くらいが順当かと思われた。

しかしチームは終盤でリリーフ投手が疲れをみせた事もありリリーフ投手の補強を優先した。3位以下も指名順位が1つずつ早い印象もあったが、松尾選手もオリックスなどが3位4位で指名した可能性もあり、確実に確保することを優先させた形となった。6位以降で大学生、社会人選手の指名が相次いだことも、その危機感の表れだったかもしれない。

2016ドラフト指名選手 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page


PAGE TOP