横浜DeNAがドラフト3位指名の松尾大河選手と入団合意

松尾大河, 秀岳館

横浜DeNAはドラフト3位で指名した秀岳館の松尾大河選手と、契約金5000万円、年俸600万円で入団に合意した。

3位指名

松尾選手は秀岳館高校で1番遊撃手として出場し、センバツでは準決勝まで勝ち進み打率.316を、夏の甲子園でも準決勝まで勝ち進み打率.438を記録した。また固い守備を見せて注目された。侍ジャパンU18代表にも選出されると、サードのレギュラーとして1番、5番を打ち、打率.500で首位打者に輝いた。

強さと柔軟性を持った打撃は木製バットでも結果を残した。また守備でもサードとしてファーストまでの強くて正確な送球を見せ、大きくアピールをした。

横浜DeNAはドラフト3位で松尾選手を指名したが、オリックスも3位指名を狙っておりその前での指名となった。オリックスは3位で同じ遊撃手の花咲徳栄・岡崎大輔選手を指名している。

松尾選手はこの日の入団合意で、「セールスポイントは肩と積極的なプレー。将来的には走攻守、三拍子そろった選手になりたい」とコメントをしている。将来は1番サード、3番サードを打てる選手だと思う。

2016ドラフト指名選手 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

松尾は球団を通じ「セールスポイントは肩と積極的なプレー。将来的には走攻守、三拍子そろった選手になりたい」とコメントした。


PAGE TOP