オリックスは前日に続きスカウト会議

オリックスは前日に続いてこの日もスカウト会議を開き、ドラフト1位、2位候補の約30人を福良監督などが確認を行った。

長時間の会議

昨日同様に瀬戸山代表、福良監督が出席してドラフト上位候補の確認を行った。この日は特に情報はないものの、ドラフト1位2位のシミュレーションも行われたとみられ、ドラフト会議に向けての最終段階に入ってきている。

昨日の会議では監督が投手を要望したとし、大商大・岡田明丈投手、駒大・今永昇太投手、県岐阜商・高橋純平投手などが有力とみられるが、今永投手、高橋投手は他球団が1位指名で重複する可能性は高い。また岡田投手についても単独1位指名を狙う球団が出ることも予想されている。

またオリックスは仙台育英・平沢大河選手、関東第一のオコエ瑠偉選手などの野手の獲得も目指しており、平沢選手は東北楽天が1位指名を明言したため、外れ1位や2位で残ることはないが、外れ1位候補としてオコエ瑠偉選手などの野手が残っていた場合には、投手にこだわることなく野手の指名という事にもなりそうだ。

前日の会議 オリックスの福良監督が投手希望、大商大・岡田明丈投手を優先か | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

 


PAGE TOP