オリックス、履正社・寺島成輝投手をドラフト1位候補に

寺島成輝, 履正社

オリックスが履正社・寺島成輝投手のドラフト1位指名が有力となってきた。補強ポイントの左腕投手に加え、即戦力という評価となり、さらに地元大阪のスター候補として注目している。

即戦力に

オリックスは今年のドラフト戦線では、創価大・田中正義投手を即戦力でエースになれる投手として注目をしてきた。しかしここへきて地元大阪出身でT岡田選手の出身である履正社高校で甲子園に出場した寺島成輝投手が、ドラフト1位指名の最有力になっているという。

チームの先発投手ではディクソン投手が9勝をしているが、他は西勇輝投手が7勝、金子千尋投手が6勝どまりでチームも低迷をしている。ドラフト1位では即戦力の投手を指名する方針が固まっているものとみられ、その最有力候補として田中正義投手に注目をしていた。

しかし現在は先発要員では山崎福也投手しかいない左腕投手も補強ポイントとして挙げられており、球団首脳は寺島成輝投手について「評価はもちろんトップクラス。その年の1番いい選手を取りたい」と話しており、担当スカウトも「先発ローテ入りできる即戦力」と評価した事から、即戦力の先発左腕投手として寺島投手が浮上した。

競合も

田中投手も競合が予想されたが、寺島投手にも阪神中日横浜DeNA千葉ロッテ埼玉西武福岡ソフトバンクなどが獲得を狙っている。3球団程度の競合も予想される。地元の逸材で補強ポイントとも合致する寺島投手は、絶対に他球団に獲られたくないだろう。

2016年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト

2016年度-高校生-大阪府のドラフト候補リスト

「評価はもちろんトップクラス。その年の1番いい選手を取りたい」

 夏の甲子園を終えて、球団首脳が明確に方針を打ち出した。希望にピッタリ当てはまるのが「高校ビッグ4」「世代最高サウスポー」と称される履正社高のエースだ。


PAGE TOP