オリックス、ドラフト5位指名の小林慶祐と仮契約、自慢のフォークはドラフト上位級

小林慶祐, 日本生命

オリックスはドラフト5位で指名した日本生命・小林慶祐投手と、契約金4000万円、年俸1000万円で仮契約を交わした。左番号は39。

大学時から注目

小林投手は東京情報大時代から185cmの長身から148キロの速球を投げおろす投手として注目され、日本生命でも先発投手の一人として1年目から起用された。それでも完璧に信頼される投手とまではならず、今年の都市対抗では清水翔太投手が先発し小林投手は2番手だった。試合は小林投手が4回2/3を2安打7奪三振無失点と好投したものの、0-4で三菱日立パワーシステムズ横浜に敗れている。

ドラフト会議前も阪神などが注目し、ドラフト3位前後での予想もされていたが、オリックスがドラフト5位で指名した。この順位で獲れるとは考えていなかった選手だと思う。躍動感あるフォームから角度のあるストレートを投げ、フォークの落差も大きい。ともに制球はアバウトで課題となるが、勢いに乗るとストレートが走りフォークにも手が出てしまう。またスライダーもカウントを整えるのに悪くない球だと思う。

リリーフという形になるのかもしれないが、勢いに乗っている期間を持続して、活躍を期待したい。

2016ドラフト指名選手 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page


PAGE TOP