広島が東京ガス・山岡泰輔投手を1位候補にリストアップ、田中正義投手もマーク

創価大, 山岡泰輔, 東京ガス, 田中正義

広島は東京ガスの山岡泰輔投手を来年のドラフト1位候補にリストアップしていることが分かった。また田中正義投手にもマークを続ける。

1位候補の一人

広島の球団幹部が「1位候補のひとり。体は小さいけど、順調に成長している」と話し、山岡泰輔投手を1位候補としてマークしていることを明かした事がスポーツ報知で報じられている。来年1月12日に開催される1回目にスカウト会議で名前が挙がるとみられる。

山岡投手は広島県出身で瀬戸内高校の3年時に、夏の広島大会決勝で新庄の田口麗斗投手(巨人2013年ドラフト3位)と延長15回を投げ合って0-0の引き分け、再試合も1-0で完封して甲子園出場を決めると、甲子園でも小柄ながら角度のあるストレートと鋭く落ちるスライダーを見せプロから注目された。

東京ガスでも1年目からリリーフで150キロを記録し、社会人の打者が手も足も出ないピッチングを見せた。先発となった今年はやや調子を崩しているものの、来年のドラフト候補で社会人NO.1右腕と評価される。

田中正義投手もマーク

地元出身の右腕で、先発でもリリーフでも期待できる山岡投手に、地元広島は当然注目をするだろう。また広島は創価大の田中正義投手についても「10年に1人の逸材。来年の候補では群を抜いている」と評価しマークを続ける。しかし、ドラフト会議が近づいた時期に、山岡投手の単独1位指名という報道があるかもしれない。

2016年度-社会人のドラフト候補リスト

球団幹部は「1位候補のひとり。体は小さいけど、順調に成長している」と172センチの体格からの投球を高評価した。

中でも田中への評価は他を圧倒して高く、球団関係者も「10年に1人の逸材。来年の候補では群を抜いている」と惚れ込む。山岡は1メートル72と小柄ながら、最速150キロを誇る。13年夏には瀬戸内のエースとして甲子園出場も果たしている。地元・広島出身だけに田中同様に熱視線を送る。


PAGE TOP