中日がドラフト1位指名の東海大相模・小笠原慎之介投手に指名あいさつ

小笠原慎之介

中日はドラフト1位で指名した東海大相模・小笠原慎之介投手に、中田スカウト部長らが指名あいさつを行った。

一番の評価

指名あいさつを行い中田スカウト部長は「左では1番の評価」と話し、ドラフト会議の1回目の指名では右の高橋純平投手を指名したものの、NO.1の評価だったことを伝えた。

小笠原慎之介投手は180cmの左腕投手で、最速152キロの速球を誇る。中学時代に湘南クラブでジャイアンツカップで優勝し、そのメンバーとともに東海大相模に入学した。高校では同学年に吉田凌投手という注目された投手がおり1年目から149キロを記録していた。小笠原投手は主にリリーフとして145キロの速球を投げ、ともに1年時から活躍を見せていた。上級生にも青島凌也投手、佐藤雄偉知投手というプロ注目の投手もおり、2年生夏の甲子園では140キロカルテットとして注目された。

2年生秋に安定感を評価されて背番号1を背負うと、3年生春には体が一回り大きくなった。しかしその体でのバランスの取れたフォームをつかむのにやや苦労をし春先は不安定な投球も見せていたが、夏の予選大会から調子を上げると甲子園でも優勝を果たし、中学・高校での全国制覇を成し遂げた。

左腕で152キロを投げる投手にドラフト会議では1位指名重複の可能性もあったが、指名の可能性があったチームが即戦力投手や野手などの指名に流れて1回目の入札での指名は無く、2回目の入札で中日と北海道日本ハムが指名、中日が交渉権を獲得した。

「気を引き締めて、また頑張ろうという気になった」と話す小笠原投手、プロでも日本一を目指す。

2015ドラフト全指名選手 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

東海大相模高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2015年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト

高橋(県岐阜商、ソフトバンクが交渉権)の外れ1位だが、中田スカウト部長は「左(投手)では一番の評価」という。


PAGE TOP