トヨタ自動車が初戦敗退、中日ドラフト3位・木下拓哉選手は2度の盗塁阻止

トヨタ自動車, 木下拓哉

社会人野球日本選手権、トヨタ自動車は三菱重工広島に敗れ、初戦で姿を消した。

木下拓哉選手活躍も

社会人NO.1捕手と評価され、ドラフト会議では中日が3位で指名をしたトヨタ自動車・木下拓哉捕手は、2度の盗塁阻止で強肩を見せると、3点ビハインドの6回には2ベースヒットを放ちそれをきっかけに2点を返すなど活躍を見せた。

しかしその後は抑えられ2-3で敗戦、昨年王者のトヨタ自動車が初戦で姿を消した。木下選手は「まさかの結果。すごく悔しい」と話したが「しっかり準備して合流したい」とプロ入りに向けての意気込みを見せた。

オリックスがドラフト4位で指名した青山大紀投手は登板はなかった。

2015ドラフト全指名選手 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

2015年度-社会人捕手のドラフト候補リスト

中日からドラフト3位指名を受けた木下は6回、中越え二塁打で反撃の口火を切ったが、勝利につながらなかった。

 4回1死二塁の先制機では三ゴロに倒れ「自分が打っていれば流れは変わったのに。凄く悔しい」。2度の盗塁阻止も見せた強肩捕手は、プロ入りに向け「しっかり準備して合流したい」と先を見据えていた。


PAGE TOP