中日・森監督、編成の意見を聞きたい

中日の監督に就任した森監督は、初めてのドラフト会議に向け、編成の意見を聞きたいと話した。

まずは専門職の意見を

森監督はドラフト会議に向けた補強について「初めて聞くようなもの」と話し、特に候補選手などの情報を持っているわけではなく、またチームの補強の方針についても「現場はいつも目先、即戦力となるけど、編成の意見を聞きたい」と編成部の意見をまずは聞く意思を示した。

ただし森氏は外国人補強について独自のルートを持っていたりと、編成部的な動きのできる人物で、また落合GMとのつながりも強い。落合氏の現在の状態がどうなっているのかわからないが、最終的な指名選手の決定権を誰が持つのかなど、複雑な状況でドラフト会議を迎える事になりそうだ。

今年の中日のドラフトの指名で、GM、編成、監督などチーム運営の組織図が見えてくるかもしれない。

中日ドラゴンズのドラフト会議メインページ | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

3日のスカウト会議に出るが、9月30日の就任発表から約2週間。ドラフト戦略に関しては「初めて聞くようなもの」という状況で、まずは専門職の話に耳を傾ける。「現場はいつも目先。即戦力(が欲しい)となるけど、編成の意見を聞きたい」と話した。


PAGE TOP