東北楽天、早稲田実・清宮幸太郎選手をリストアップ

 東北楽天は甲子園大会に出場する早稲田実の清宮幸太郎投手を早くもリストアップし、密着マークを続ける事を明らかにした。

和製大砲獲得へ

 東北楽天は球団関係者が「プロ野球界にとって、間違いなく貴重な人材。来年、再来年に向けて成長度合いを見ていくのは必要」と話し、チーム念願の主砲の獲得を念頭に密着マークをしていく方針を示した。

 東北楽天は球団創設以来、2ケタホームランを放つ生え抜きの選手が出てきていない。チーム作りが必要な中でドラフト2位までの指名は投手の指名が多く、田中将大投手や則本昂大投手といった球界を代表する投手が誕生しているものの、野手の指名は中川大志選手、西田哲朗選手、内田靖人選手のみ、下位で勧野 甲輝選手、北川 倫太郎選手といった選手を獲得しているものの、やはり確実に主軸になるような、中田翔選手や筒香嘉智選手のような選手はドラフト上位で指名しなければならない。

 チーム方針で投手は日本人を獲得、主軸は外国人で補強するという形だった。外国人選手の補強がうまくいっていた時は良かったが、ユーキリス選手など外国人の獲得はリスクも高い。やはり主軸打者もドラフトをベースとして投打にバランスが必要だろう。

 チームは日本一となったあとに昨年は沈み、大久保監督に交代するもオーナーがオーダーにまで介入するという以上な状態となっている。しかし、松井裕樹投手や安楽智大投手など、その年の注目された選手が入団しており投手陣は楽しみが多い。反面、野手で期待される選手は少なく、球団は覚悟して野手中心のドラフトをしなければならないだろう。

 そのために今年の高山俊選手選手などから始まり、来年、そして再来年の清宮幸太郎選手の獲得と、主軸野手を獲得する姿勢が見られれば、東北楽天は代わっていくと思う。

東北楽天ゴールデンイーグルス、過去のドラフト指名一覧 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

楽天早くも17年ドラフト密着マーク スポーツ報知紙面 2015/8/4

 


PAGE TOP