東北楽天がスカウト会議、ドラフト1位候補にオコエ瑠偉選手、高橋純平投手、熊原健人投手など

オコエ瑠偉, 多和田真三郎, 平沢大河, 熊原健人, 高橋純平

 東北楽天は尼崎市内のホテルでスカウト会議を開き、ドラフト会議の指名候補を約100人に絞り込んだ。ドラフト上位候補は10人以上の名前が挙がった。

ドラフト上位候補

 スカウト会議では長島スカウト部長を中心にドラフト候補の絞り込みを行った。またドラフト上位候補としては、甲子園で活躍を見せた関東第一・オコエ瑠偉選手も加わり、県岐阜商・高橋純平投手、仙台大・熊原健人投手など10人以上の名前が挙がったという。

 ほかのドラフト上位候補としては、地元の注目選手で球団の補強ポイントでもある若手遊撃手候補の仙台育英・平沢大河選手、地元東北の右腕、富士大の多和田真三郎投手、さらに明治大・上原健太投手、高山俊選手なども挙がったとみられる。

 

センターラインと地元と

 今年の東北楽天のドラフトは悩ましい。これまではドラフト1位は高校生の注目投手を指名し、立花球団社長などの運で、松井裕樹投手や安楽智大投手を獲得している。それからすると今年は高橋純平投手や小笠原慎之介投手ということになるが、チームは打線に課題がありオーナーも口を出す状態になっている。投手は松井投手、安楽投手と若い期待のできる投手がいるものの、野手ではあまり名前が挙がらない。

 球団幹部もそんなチーム状況を見てセンターラインを補強ポイントとしており、平沢大河選手やオコエ瑠偉選手、それに捕手の候補の名前も挙がっている。特にオコエ選手には甲子園で視察した立花球団社長が興奮気味に語るなど、スター性も含めて評価は高くなりそうだ。

 また今年は地元に逸材が多いことも悩ましく、仙台大の熊原健人投手、富士大の多和田真三郎投手などがドラフト1位候補として注目をされている。平沢選手と熊原選手は地元宮城県出身でこちらも外したくないだろう。

 高校生NO1投手を獲るか、センターラインの野手を獲るか、または地元選手を獲るか。様々な状況をもとにこれから秋のドラフト戦線に向かっていく。

2015年ドラフト指名予想 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

2015年度-特Aランクのドラフト候補リスト

2015年度-宮城県のドラフト候補リスト

東北楽天ゴールデンイーグルス、過去のドラフト指名一覧 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

楽天は12日、兵庫・尼崎市内のホテルでスカウト会議を開き、今秋のドラフト会議での指名候補選手、約100人をリストアップした。


PAGE TOP