東北楽天、仙台育英・平沢大河選手を最上位候補にリストアップ

仙台育英, 平沢大河

 東北楽天は仙台育英の平沢大河選手をドラフト指名の最上位候補としてリストアップしていることが、日刊スポーツの調べで分かった。

地元のスター

 記事によると、球団関係者が「地元選手ですし、もちろんリストの上位に入っている」と上位候補に入っていることを認め、「大きく育てば将来の正遊撃手になる」と評価している。星野SAも侍ジャパン壮行試合で平沢選手について評価をしており、先日の立花球団社長との会談でも話をしたものとみられる。

 課題の遊撃手候補で、地元宮城県代表として甲子園で準優勝、阪神などが外れ1位候補に挙げる中で東北楽天が逃してはいけない選手だろう。

 

監督人事も

 東北楽天は大久保監督が辞意を固めているといい、ドラフト会議には新しい監督の意見も反映するとみられる。誰が就任するか、その新監督の方針もあるだろうが、基本的には調査をしてきたスカウトの意見や星野SAの意見が通ることになりそうだ。

 星野SAは監督時代から遊撃手の獲得を望んでいる。チームは今年はめまぐるしく打順が変わるなど、攻撃陣が安定せずにオーナーが打順を指示するという異例の事態にもなっていた。平沢選手は即戦力とは言えないが、野手を活性化させる必要もあるし、2013年の日本一でやや燃え尽きているベテラン野手に刺激を与えなければいけない。

 またスカウトも、今年は県岐阜商の高橋純平投手や東海大相模・小笠原慎之介投手といった候補がおり、地元でも仙台大・熊原健人投手や富士大・多和田真三郎投手という投手がいるものの、地元のスター平沢選手であれば全員が賛成できるだろう。

 東北楽天はパリーグの下位の順位となりそうだ。今年はパリーグに優先権があり、ドラフト2位は早い順番で指名ができる。他球団、特に平沢選手を外れ1位候補に阪神の動きを見て、1位で消えることがないかの調査をする。1位を熊原投手や多和田投手、2位で平沢選手を獲得できれば大満足のドラフトとなるだろうが、平沢選手を単独1位指名することも十分考えられる。

東北楽天イーグルスのドラフト会議メインページ

2015年度-高校生内野手のドラフト候補リスト

楽天、仙台育英・平沢最上位リスト 日刊スポーツ紙面 2015/9/4

 


PAGE TOP