早大・茂木栄五郎選手が同点3ラン、東北楽天が最終チェック!

早稲田大, 茂木栄五郎

早稲田大の茂木栄五郎選手が東京六大学リーグの法大戦で同点に追いつく3ランホームランを放ち、チームの逆転勝利に貢献した。

東北楽天の最終チェックで

6回ノーアウト1,2塁の場面で打席に入った茂木栄五郎選手は、レフト方向にぐんぐん伸びる打球を放つとスタンドに飛び込み、同点に追いつく3ランホームランを放った。春は5本塁打を放ちホームラン王となったが、今季はシーズン前に腰を痛めここまでホームランは0本だった。「逆に飛ばせるのもアピールポイントの一つ。やっと出てくれたと思った」と話した。

視察した東北楽天の長島スカウト部長は「春からずっと視察している。きょうは最終確認に来た。バランスが取れていて貴重な存在」と話し、最終確認で茂木選手のアピールを受け、ドラフト2位での指名がほぼ確実となった。

茂木選手は、「必要としてくださる球団があればどこでも。勝負はプロに入ってから」と話し、プロで活躍することを目標に置くが、チームは勝ち点3となり明治大、慶応大とならんだ。春秋連覇の置き土産をして大学野球を卒業したい。

2015年度-大学生内野手のドラフト候補リスト

2015年度-東京六大学リーグのドラフト候補リスト

ネット裏で視察した楽天・長島哲郎スカウト部長は「春からずっと視察している。きょうは最終確認に来た。バランスが取れていて貴重な存在」と高く評価。運命のドラフトが迫る中「必要としてくださる球団があればどこでも。勝負はプロに入ってから」と茂木。

 


PAGE TOP