東北楽天、ドラフト1位のオコエ瑠偉選手と2位の吉持亮汰選手が1軍キャンプスタート

オコエ瑠偉, 吉持亮汰

東北楽天の梨田監督は、来年2月からスタートするキャンプで、ドラフト1位のオコエ瑠偉選手と2位の吉持亮汰選手を1軍キャンプに合流させることが分かった。

ベテランに刺激も

梨田監督は「オコエと吉持は1軍のレベルにある。」と話し、抜群の身体能力を持つ2人を、久米島の1軍キャンプからスタートさせることを明らかにした。またその目的についても「1軍なら中堅やベテランの刺激にもなると思う」と話し、ベテラン選手への刺激の意味もあることを話した。また2人を久米島に連れていくことで、「オコエが1軍なら各社2、3人は久米島に来てくれる」とマスコミの目を久米島に集める事も考えているようだ。

ドラフト1位のオコエ瑠偉選手は打撃の課題はあるものの、守備や走塁については抜群の判断能力を持つ。梨田監督はオコエ選手の守備と足について「チームの中に入っても上位」と話している。打撃の向上のため最低でも1年間は2軍でプレーする事が予想されるものの、守備や走塁でオープン戦でチャンスをつかみ、開幕1軍という可能性もある。

またドラフト2位の吉持選手も遊撃手として中堅の内野陣に刺激を与える存在となりそうだ。こちらも特に守備や足でレギュラーを獲得する事もできそうだ。ドラフト会議で野手を指名しまくり、野手陣の総入れ替えも視野に入れる東北楽天、どのようにチーム改革が進んでいくのか注目したい。

2015ドラフト全指名選手 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

秋季キャンプが行われている岡山県倉敷市内の倉敷マスカットスタジアム。梨田監督は来春の沖縄・久米島キャンプについて「オコエと吉持は1軍のレベルにある。1軍なら中堅やベテランの刺激にもなると思う」と1軍スタートを明言した。


PAGE TOP