北海道日本ハムがスカウト会議、90人前後リストアップしオコエ瑠偉選手も急浮上

オコエ瑠偉, 高橋純平

 北海道日本ハムは8月25日にスカウト会議開き、ドラフト会議の指名候補選手を約90人に絞り込んだ。夏の甲子園で活躍を見せたオコエ瑠偉選手を高い評価していることを示した。

オコエ選手を評価

 ドラフト指名候補を高校、大学、社会人を含めて約90人をリストアップ、その中で主な大会が終わっている高校生については上位指名候補まで絞り込みが行われたようで、県岐阜商・高橋純平投手、仙台育英・平沢大河選手、関東第一・オコエ瑠偉選手などの名前が挙がった。

 大渕スカウトディレクターは高橋純平投手について「評価は変わっていない」と話したほか、オコエ選手について「スター性を持っているとすごく感じた。走っただけで騒いだ。2位で取られたら、悔しい選手」と話し、さらに「甲子園も活気がありましたし、ああいうところで活躍するのは、そういう星の下に生まれてきたのかなと感じる」と続け、オコエ選手に魅了されている様子もうかがえた。

 

北海道日本ハムのドラフト

 北海道日本ハムは県岐阜商出身の熊崎スカウトがおり、高橋純平投手について非常に多くの情報を得られる環境にあるようで、故障についての状況も入っているものとみられる。毎年一番高い評価の選手を指名する方針の日本ハムにとって、高橋純平投手は最有力候補といえる。

 しかし陽選手のような抜群の身体能力を見せるオコエ選手に高い評価をしており、昨年のドラフト3位・浅間大基選手が活躍を見せているものの、上位での指名があるかもしれない。北海道日本ハムは順位は上位となるため2位でオコエ選手が残っていることは考えにくく、獲得するならば1位という事になる。

 最終的に即戦力でも考えられ、最も高い評価になるとみられる高橋純平投手を指名するか、ポスト陽にもなれそうなオコエ瑠偉選手の将来性を評価し、高橋投手を上回る評価になるかが注目される。最終的に高橋投手を1位指名し、外れで残っていればオコエ瑠偉選手という形になるのではと予想するが果たして。

北海道日本ハムファイターズ、過去のドラフト指名 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

2014年ドラフト会議/指名選手一覧 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

2015年度-高校生外野手のドラフト候補リスト

日本ハムは25日、札幌市内の球団事務所でスカウト会議を開き、1位候補として関東第一・オコエ瑠偉外野手(3年)が急浮上した。大渕スカウトディレクターは「スター性を持っているとすごく感じた。(甲子園で)走っただけで(観客が)騒いだ。(他球団に交渉権を)2位で取られたら、悔しい選手」と話した。


PAGE TOP