北海道日本ハム、秋田商・成田翔投手、花巻東・高橋樹也投手などを指名へ

成田翔, 高橋樹也

北海道日本ハムが、秋田商の成田翔投手、花巻東の高橋樹也投手の侍ジャパンU18代表左腕を指名する事が分かった。

栗山監督が評価

この日のスカウト会議ではドラフト1位で高橋純平投手の指名を固めた北海道日本ハムだが、東海大相模の小笠原慎之介投手も1位候補に残しており、左腕投手の必要性を感じている。

そこで北海道日本ハムは、ドラフト2位以降で秋田商の成田翔投手や花巻東の高橋樹也投手などを獲得することで、左腕不足を補う方針であることが分かった。栗山監督は夏の甲子園の期間中に「監督室はずっと映像が流れている。オレが見ている度に成田君は見ていた。投げっぷりがいいし、雰囲気がいい。」と成田投手を評価、また、「花巻東の高橋君も、うちは左投手がと言われている。会議どうこうでなく、将来どうなるのかが楽しみ」と話していた。

北海道日本ハムはドラフト1位で高橋純平投手を指名し、抽選を外した場合の外れ1位では残っていれば、小笠原慎之介投手やオコエ瑠偉選手、岡田明丈投手などを指名する。そして2位では木下拓哉選手などの捕手か即戦力内野手を、3位では王子の近藤均投手を指名し、4位以降で成田翔投手、高橋樹也投手などを指名する。

北海道日本ハムのドラフト会議メインページ | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

「甲子園期間中の監督室はずっと(高校野球の)映像が流れている。オレが見ている度に成田君は見ていた。投げっぷりがいいし、雰囲気がいい。花巻東の高橋君も。うちは左投手が(不足)、と言われている。会議どうこうでなく、将来どうなるのかが楽しみ」


PAGE TOP