北海道日本ハムのドラフト1位・上原健太投手が仮契約、今永vs原のドラフト1位対決を高山俊選手と観戦

上原健太

北海道日本ハムはドラフト1位で指名した明治大・上原健太投手と、契約金9000万円、年俸1300万円で仮契約を交わした。

ドラフト1位対決を観戦

上原投手は東都1部2部入れ替え戦の、駒澤大で横浜DeNAドラフト1位の・今永昇太投手と東洋大で東京ヤクルトドラフト1位の原樹理投手の投げ合いを、阪神ドラフト1位の高山俊選手などと観戦し、「2人とも相当レベルが高い。でも、負けるわけにいかない」と話した。

上原健太投手は190cmの長身左腕投手で球速は150キロを記録したが、大体は140キロ前半の速球とスライダー、チェンジアップなどを有効に使うピッチングをする。先発ではあまり結果を残せておらず、リリーフとして登板し防御率は低く安定している。ただし150キロを記録するポテンシャルを持っており、北海道日本ハムがすぐに左のリリーフとして起用するのか、それとも時間をかけて成長させポテンシャルを引き出すのか、どのような計画をしているのか注目される。

「プロの世界でやっていくという実感が湧いた。自分らしい強気の投球をしたい」と話した上原投手、高校時代、大学時代と期待されながらエースとしての活躍ができていないが、北の大地で190cmの左腕がそそり立つ姿が見れることを期待したい。

2015ドラフト全指名選手

2015年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト


PAGE TOP