北海道日本ハムのドラフト2位・加藤貴之投手が仮契約

加藤貴之

北海道日本ハムはドラフト2位で指名した新日鉄住金かずさマジックの加藤貴之投手と、契約金7000万円、年俸1200万円で仮契約を結んだ。

高い評価

加藤貴之投手は拓大紅陵高校からかずさマジックに進み5年目となる。一昨年の日本選手権でチームを優勝に導く立役者となり昨年は1年間ドラフト上位候補として注目されたが、チームに貢献できていないと残留を決めた。しかし今年は昨年よりも調子を落としており、都市対抗で活躍する事はできずにドラフト会議を迎えた。

それでも北海道日本ハムはドラフト2位で加藤投手を指名した。加藤投手は「高い評価に恥じないプレーをしたい。プロで挑戦するのが楽しみ」と話した。

担当の今成スカウトは「武田勝のように制球が良く、試合をつくれるタイプの投手」と評価している。球速こそ130キロ台が多いものの、良いときはその球を真ん中に投げても空振りを奪えるような球のキレと、タイミングを合わせにくいフォームが特徴。

プロの打者もタイミングを合わせるのに苦労するとみられ、キレが昨年くらいにあれば打ち取ることも可能、ただしキレがなければタイミングが合わなくても外野に持っていかれる。とにかくストレート次第といえる。まだ23歳と若い投手だがこのタイミングの合わせにくいフォームを生かせるのは1年目だと思う。まずは1年目で先発ローテーションの地位を確立し、2年目以降に変化球やコントロールなどを磨いて、武田勝投手のような活躍を期待したい。

2015ドラフト全指名選手 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

2015年度-社会人投手-左投のドラフト候補リスト

加藤は仮契約を終え、「高い評価に恥じないプレーをしたい。プロで挑戦するのが楽しみ」と明るい表情で話した。フォークなど変化球の精度を高め、「1軍で活躍し続けられる選手になりたい」と抱負を語った。


PAGE TOP