北海道日本ハムが新人選手入団発表、選手の横顔と戦力アップ分析

北海道日本ハムが新人選手の入団発表を行った。8選手の横顔と戦力アップ度を見てみる。

北海道日本ハム2015年入団選手一覧

順位 選手名 位置 出身 身長体重 投打 契約金 年俸 背番号
1 上原健太 明治大 190cm85kg 左左 9000 1300 20
2 加藤貴之 かずさマジック 182cm82kg 左左 7000 1200 14
3 井口和朋 東農大北海道 175cm82kg 右右 5000 900 29
4 平沼翔太 敦賀気比 178cm78kg 右左 3000 520 45
5 田中豊樹 日本文理大 180cm90kg 右右 3500 800 47
6 横尾俊建 慶応大 177cm90kg 右右 3000 750 58
7 吉田侑樹 東海大 187cm80kg 右右 3000 750 59
8 姫野優也 大阪偕星学園 184cm85kg 右右 1500 470 61

 

 新人選手の横顔

ドラフト1位・上原健太投手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆

190cmの左腕で150キロを記録したこともあり持っている素質は今年のドラフト候補でトップクラスだが、外れ外れ1位にもなったように、広陵高校、明治大で常に期待をされながら結果を残せていない。東京六大学では防御率1位も記録しているが、1戦目の先発で結局最後まで結果を残せなかった。大学4年時は140キロ前半~中盤の球で勝負し、ピリッとした状態があまり見られなかった。おそらく1年目もリリーフで様子を見ながらという感じだろう。その間にポテンシャルを少しずつ引き出して150キロ左腕に育ってほしい。

ドラフト2位・加藤貴之選手 期待度1年目:☆☆☆ 3年目:☆☆☆

球速は140キロ前後だがその球が真ん中に来てもバッターが空振りするなど、球を見づらいフォームとストレートの質の良さがある。ただしピークは一昨年から昨年で、結果を残せていないとチーム残留をしたものの、今年は目立った結果を見せられていない。とにかくバッターが慣れていない1年目で結果を残し、また投球術を磨いて武田勝投手のような長い活躍を期待。

ドラフト3位・井口和朋選手 期待度 1年目:☆☆☆☆ 3年目:☆☆☆

侍ジャパン大学代表の中継ぎとして140キロ後半の重い速球とフォークボールがあり、速球がやや高めに浮くことがあるがプロのリリーフでも力のある方に入ってくる。明治神宮大会など大舞台にも強いタイプで、1年目から大いに活躍が期待できる。リリーフは過酷なポジション、体が特別大きいというわけでもなく3年以上守り続けるのは大変ではあるが、いずれはテクニックも身に着けて先発に転向させたい投手でもある。

ドラフト4位・平沼翔太投手 期待度 1年目:☆ 3年目:☆☆☆☆

センバツ優勝投手は内野手として指名され、打撃選手の良さは見せているが内野守備については未知数の所がある。また栗山監督が投手としても見てみるとしており、どの方向性に進むのかわからない。ただし身体能力や対応力は非常に高い選手で、また知名度も後押ししてチャンスをつかむ機会を与えられることは多いだろう。

ドラフト5位・田中豊樹投手 期待度 1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆

 どっしりとして体から150キロを超す球を投げる。ドラフト直前でめった打ちにあうなど繊細な面もある投手で、投げっぷりというよりは、フォームや腕の振りをきっちりして投げるタイプ。少ししぽったうえでスタイルを変えて先発で投げた方が良い投手かもしれない。まだ好不調の波も大きく、とにかく良いフォームを徹底的に完全に固め、また状態が悪くてもある程度戻せるようにフォームを考えていくことが必要だろう。

ドラフト6位・横尾俊建投手 期待度 1年目:☆☆☆ 3年目:☆☆☆

右の大砲で普段は4番サードだが、セカンドショートにも挑戦するなど器用な選手でもある。スイングは振り回しながらもある程度打率を残す。今スタンドに.250で20本ほどを打つ選手という感じか。小谷野選手のように勝負強さを身に着け、キャラクターでもチームを引っ張る選手になってほしい。知名度も高く機会も与えられるだろう。

ドラフト7位・吉田侑樹選手 期待度 1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆

187cmの大型右腕で3年時は大学野球選手権で優勝した。ハーレム国際大会ではメジャー予備軍のアメリカの大学代表を9回までノーヒットに抑えた事もある。140キロ後半の速球も投げるが4年時は春も秋も活躍できず、疲労がたまっているのかどこかに痛みがあるのか、フォームのバランスを失ってしまったのかわからない状態。良い状態でも凄さというものはあまりないが、総合的に良いピッチングをするタイプ。

ドラフト8位・姫野優也選手 期待度 1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆☆

天理から大阪偕星学園に進み、1日10時間を超す練習に耐えてきた。そして最後の夏に大阪桐蔭などを破って甲子園に出場し、その甲子園の舞台でホームランを放つなど目標にきっちりと到達することができる選手。ただしやらされるハードな練習から、プロでは自主的で効率的な練習へとスタイルが大きく変わってくる。自分で自分を追い込めるか。それができたときはドラフト8という評価を覆す選手になっていくだろう。

 

 

チーム全体の戦力アップ 1年目:☆☆☆ 3年目:☆☆☆☆

1年目は加藤投手、井口投手は戦力としてプラスされそうで、投手陣の左腕やリリーフという課題点は補われる可能性がある。野手についてはDHやファースト、サードの控えとして横尾選手が入ってくる事も期待できる。3年目については上原健太投手、平沼選手、田中投手、吉田投手、姫野選手と期待の大きな選手がいるが、ポジションやスタイルなどこれまでやってきた事とは大きく変化しなくてはならない選手も多い。コーチ陣の洞察力、判断力が試される。


PAGE TOP