日本ハム、創価大・田中正義投手獲得に栗山監督が抽選も

創価大, 田中正義

創価大・田中正義投手の獲得を目指す日本ハムの栗山監督が、自ら抽選に名乗りを上げていることが分かった。

フロントは確約せずも

創価高校出身の栗山監督は、後輩の田中正義投手の獲得を明言しているが、この日も「絶対に当てるよ。正義は後輩だし、引く気満々でいる」と話し、かなりの球団の指名が予想される中で自ら抽選にでて引き当てる強い思いを語った。

日本ハムはその年のNO.1選手を指名する方針で、2011年には巨人を熱望していた菅野智之投手を指名したが入団拒否となった事もある。来年に関しては田中正義投手は大谷翔平投手クラスにもなれる存在で、フロントは「栗山監督が何を言おうが、田中正義で1位に行くとは決まっていない。結果的にはあるかもしれないが」と話すものの、故障でもしない限り指名を回避する可能性の方が低いとみられる。また、北海道日本ハムは栗山監督のほかにも創価高校や創価大出身の選手も多く、強い縁がある。

 

抽選

日本ハムは2013年に栗山監督が抽選に挑んだものの、松井裕樹投手、柿田裕太投手、岩貞祐太投手と立て続けに抽選を外した(最終的に渡辺諒選手を指名)。2014年の有原航平投手、2011年の菅野智之投手、2010年の斎藤佑樹投手など球団社長が1位指名抽選で当たりくじを引き、球団社長伝説ができていた。しかし今年のドラフト会議では竹田社長が初めて抽選をしたものの、高橋純平投手、小笠原慎之介投手の抽選を外して伝説は止まった(最終的に上原健太投手を指名)。

竹田社長も「もう1回チャンスをくれ」と言っているようだが、「運の強い方にする」と話している。2013年は栗山監督は「自分は運はない」と話し弱気な発言をしていてが、来年の田中投手の指名に関しては高校の後輩という事もあり、引く気満々でいる。

果たして誰が抽選に挑むのか、北海道日本ハムの年始のスカウト会議では、1位候補のリストアップではなくその段階の話しになってくるかもしれない。

2016年度-大学生のドラフト候補リスト

「くじ運のない男」と、栗山監督は自らを認める。宝くじなどで当たったこともないが、来年ドラフトだけは譲れない。「絶対に当てるよ。田中正義は後輩だし、引く気満々でいる」。その言葉には力がこもった。


PAGE TOP