日本ハムにドラフト6位指名の山口裕次郎投手が入団拒否

履正社高, 山口裕次郎

ドラフト会議で北海道日本ハムから6位指名をされていた履正社の山口裕次郎投手が入団を拒否する方針であることが分かった。本人も履正社高もプロに行かない方針を明らかにした。11月にJR東日本の入社試験を受ける。

北海道日本ハムが翌日に挨拶も

山口裕次郎投手はドラフト前に各球団に提出する調査書に、「4位以下の指名であれば社会人野球に進む」と方針を伝えており、その調査書は北海道日本ハムを含む11球団に送っていた。ドラフトの前日には複数球団から4位指名以下での指名が可能かどうかの確認の連絡があったというが、変更はしなかったという。

そしてドラフト当日、事前に連絡のなかった北海道日本ハムがドラフト6位で指名、山口投手自身はその後インタビューなどを受け、翌日には日本ハムの大渕スカウトディレクター、木田GM補佐、芝草スカウトが指名の経緯を説明しに同校を訪問したものの、岡田監督は「本人が行きませんと言っています。意思は固そうです、こちらとしても行かせることはできない」と話し入団を拒否する方針を明かした。岡田監督は入団拒否を伝えたほかの球団に対して「信用問題になる」と話した。

1週間後に決断

山口投手は11月にJR東日本の入社試験を受ける。岡田監督は「今週中に結論を出します」と話し、試験の前に日本ハム側に伝える。

山口投手はJR東日本でプレーし、3年後にもう一度、今度はドラフト上位候補としてドラフト会議で指名を待つ。

2016ドラフト指名選手 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

ドラフト前に調査書を提出した11球団には、4位以下の指名であれば社会人野球へ進む方針を伝えていた。前日夜になり、複数球団から4位以下での指名が可能かどうか最終確認が入った。「今だったら修正ができる」と岡田監督が本人に伝えても、意思は変わらなかった。


PAGE TOP