栗山監督が清宮幸太郎選手を視察し高評価

早稲田実, 清宮幸太郎

北海道日本ハムの栗山監督が、11月3日に行われた秋季高校野球東京大会決勝の早稲田実vs日大三の試合を視察していたことが分かった。清宮幸太郎選手に高い評価をしている。

早めに見ておいた方がいいと思った

栗山監督は視察の理由について、「早めに見ておいた方がいいと思った。縁を感じた。実際に目で見ていると、とにかくこの選手でいくんだとなるからね。」と話し、「みんなが注目する選手であることは間違いない」と清宮選手を評価した。

栗山監督は昨年の秋に創価大・田中正義投手にラブコールを送り、今年のドラフトでは途中でトーンダウンしかけたものの最終的に田中正義投手を1位指名した。「とにかくこの選手でいくんだ」というところと、「縁を感じた」という部分に来年の清宮幸太郎選手の1位指名を匂わせた。

また2万人の観客が詰めかけた事について「あれだけの人が並ぶ。それだけ楽しみな選手が出るのはありがたいこと」と話した。

清宮選手は早稲田大学進学の話もある。その場合にはプロ志望を出さない形になってしまうため、大谷翔平選手のように強行1位指名はできないが、その年のNO.1を指名する北海道日本ハムの動向に目が離せなさそうだ。

2017年度-高校生のドラフト候補リスト

「早めに見ておきたかった。みんなから注目される選手であることは間違いない。いいところも悪いところも見ておくのは、必要なこと」と説明した。


PAGE TOP