巨人、トヨタ自動車・木下拓哉捕手をドラフト上位候補に

トヨタ自動車, 木下拓哉

 巨人がトヨタ自動車の木下拓哉捕手をドラフト上位候補としてリストアップしていることが分かった。

大学時代から

 木下拓哉選手はトヨタ自動車の捕手で、法政大時代は大城戸匠理選手、西浦直亨選手、河合完治選手などとともにプロから注目されていた。その時、最も注目をしていたのは巨人だった。しかしプロ志望届を提出するも指名されることがなく、トヨタ自動車入りしていた。ドラフト上位縛りがあった可能性がある。

 トヨタ自動車では1年目の秋の日本選手権で正捕手としてマスクをかぶりチームを優勝に導くと、今年は4番打者としてしっかりとしたスイングからホームランを打てる選手となり、都市対抗でも日本生命戦でホームランを放った。その都市対抗で巨人は7人体制で視察をし、松尾GM補佐などが「ベテラン投手を堂々とリードするなどリーダーシップがありそう。」と評価していた。

 阪神もドラフト上位候補に挙げる社会人屈指の捕手として注目されている。

 

巨人の捕手の指名

 巨人は今年、捕手を狙う動きがある。2013年のドラフト1位で小林誠司捕手をドラフト1位指名しており、1軍で活躍も見せるものの、小林選手が不調だったり故障などでいなくなると、変わりとなる選手が相川選手などベテランとなってしまう。今年はファーストに転向した阿部選手が一時再びマスクをかぶるなど、捕手の層が薄いことが明らかになっていた。

 そこで高校野球では西東京大会で早稲田実の加藤雅樹捕手や国学院久我山の了海航捕手などを視察し、特に了海選手には毎試合のように視察を行っており、社会人では木下捕手をマークしていた。

 即戦力捕手を獲得するか、鍛えて育てる高校生捕手を獲得するか、また木下選手を上位で狙う阪神の動向などがあるが、3位で残っていたら木下選手を指名するかもしれない。

2015年度-社会人捕手のドラフト候補リスト

2015年度-大学生捕手のドラフト候補リスト

2015年度-高校生捕手のドラフト候補リスト

「ポスト阿部」が最重要課題となっている巨人が、社会人ナンバーワン捕手に熱い視線を送っている。「巨人は阿部の後継捕手を新たに探している」と球界関係者が明かした。

 巨人はドラフト1位指名候補リストで「左腕投手」と「打力のある野手」を優先している。「左腕」は杉内、内海らが不安定で、「打力」では貧打に泣かされ、外野陣を固定できない現状からだ。


PAGE TOP