巨人、仙台大・熊原健人投手がドラフト1位最有力

仙台大, 熊原健人

巨人はスカウト会議を開き、ドラフト1位候補選手7人を明らかにした。その中で山下スカウト部長は「投手にしても野手にしても即戦力が欲しい」と話し、投手では仙台大・熊原健人投手を最有力としている。

152キロ右腕

巨人はドラフト1位候補として、東海大相模・小笠原慎之介投手、仙台大・熊原健人投手、富士大・多和田真三郎投手、大商大・岡田明丈投手、立命大・桜井俊貴投手、青学大・吉田正尚選手、明治大・高山俊選手の7人の名前を挙げた。

熊原健人投手は178cm85kgの右腕投手でリーグ戦では13勝4敗、3年春、4年春に東北福祉大などを抑えてリーグ戦を制し大学野球選手権に2年連続で出場した。投手としての守備に課題があったり、変化球の種類が少ないなど器用な投手ではないものの、152キロの速球は真ん中高めに投げても空振りを奪えるなど球威と質を伴っており、今年のドラフト候補の中で一番といってよいストレートを投げる。

この熊原投手に巨人は大学野球選手権の時に堤GMが高く評価、山下スカウト部長も「先発完投型は魅力。熊原は頭でも中でも使える」と先発でもリリーフでも活躍できると評価していた。具体的に熊原投手が最有力という情報はないものの、スポーツ報知でも最有力と報じた。この日挙げられた7人のドラフト1位候補選手の中では、これまでで評価しているという情報が最も多いのが熊原投手だった。

 

オコエ瑠偉選手は外れる

巨人は先月のスカウト会議で熊原投手、小笠原慎之介投手、高山俊選手、オコエ瑠偉選手の4人をドラフト1位候補としていた。しかしチームがCSで敗退し、今年のチーム状況を分析した結果即戦力投手の補強という方針が強くなり、オコエ選手が外れ、代わりに即戦力の投手が3人加わった。また即戦力野手も吉田選手が加わった。

オコエ選手については山下スカウト部長が夏の予選大会から評価しAランクとしていたが、「外した時に残っていたら、多少は考える」と話し、ほぼ指名は考えていないことが明らかとなった。

2015年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト

2015年ドラフト指名予想 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

オコエ外れた、巨人ドラ1、熊原最有力 スポーツ報知 2015/10/21

 


PAGE TOP