巨人、育成ドラフト3位の松澤裕介選手が入団辞退

松澤裕介

巨人が育成ドラフト3位で指名した香川オリーブガイナーズの松澤裕介選手が、入団を辞退したことが分かった。

香川HPで公表

香川オリーブガイナーズのホームページでは、「読売ジャイアンツから育成3巡目で指名されました松澤裕介選手が、左手手指関節靭帯損傷により治療に時間を要する為、入団を辞退することとなりましたので、お知らせ致します。」と発表があり、松澤裕介選手コメントとして、「この度怪我の為、入団を辞退させて頂くことになり、応援して頂いた皆様、申し訳御座いません。早く怪我を治して来年もう一度指名をして頂けるよう頑張りますので、これからもご声援宜しくお願いします。」と掲載している。

松澤選手は181cmの左の外野手で、今年の四国アイランドリーグでは10本塁打を放ち、また北米遠征では打率.349を記録、巨人のスカウトが注目をしていた。

巨人は2009年に育成ドラフト3位で金光大阪の陽川尚将選手を指名したが、大学で4年間やってプロを目指すと入団を拒否して東農大に進学、4年後の2013年に阪神がドラフト3位で指名し入団している。

2015ドラフト全指名選手 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

香川オリーブガイナーズ | ニュース | 松澤裕介選手 入団辞退について

香川オリーブガイナーズのドラフト候補選手の動画とみんなの評価

 松沢は181センチ、83キロ、左投げ左打ちで、今年は四国ILで68試合に出場。リーグ2位の10本塁打を放ち、パンチ力のある打撃を評価されて指名を受けた。


PAGE TOP