福岡ソフトバンクがスカウト会議、今年も将来性重視のドラフトに

福岡ソフトバンクは10月9日、ヤフオクドーム内の球団事務所でスカウト会議を行った。「現有で戦える戦力はある」と話し、即戦力よりも将来性を重視したドラフトとなりそうだ。

明言避けるも

スカウト会議ではドラフト上位候補の絞り込みなどを行ったが、小川編成・育成部長は「各地区のスカウトから報告を受けた。人数は言えない」と話し、リストアップの人数なども公表しなかった。

しかし、12球団NO.1の戦力といわれる現在のチーム状況において、「まだまだ伸びしろのあるというところも重要になってくる」と話し、高校生、または素質を持った成長途中の選手を優先して指名する可能性が高いようだ。

ドラフト1位候補は地元福岡出身で、先発左腕が足りない状況もあり今永昇太投手が有力とみられているが、東海大相模の小笠原慎之介投手や沖縄出身の明治大の上原健太投手といった指名もあるかもしれない。また、長崎海星出身で徳島インディゴソックスの1年目・吉田嵩投手の上位指名も考えられる。

 

将来性重視で良いか

福岡ソフトバンクは2012年に東浜巨投手を1位指名、2013年は松井裕樹投手を指名したが抽選で外し、杉浦稔大投手も外して加治屋蓮投手を指名した、またその年の2位で森唯斗投手を指名し、現在リリーフで大活躍を見せている。2014年は一転して故障をしながらも素質を高く評価した松本裕樹投手を1位指名すると、栗原陵矢捕手、古沢勝吾選手、笠谷俊介投手、島袋洋奨投手と高校生や大学で伸び悩んだ選手を指名した。

チームは戦力が整い、また3軍も含めた育成に力を入れており、ドラフト上位でなく下位や育成選手からも選手が育つ環境が整備されてきた。また、今、即戦力の内野手、外野手を指名しても出場機会が少なく、あっという間に30歳になってしまう可能性もあり、それならば18歳の選手を獲得して育てるという方針のようだ。

ただし、森唯斗投手に疲れが見えているほかリリーフはベテランや外国人が多く、投手も武田投手が軸となったが、摂津投手、大隣投手、中田投手、寺原投手、外国人とベテランで回っている状況となっている。加治屋投手や松本投手の成長も期待されるが、特にリリーフは消耗が激しい事もあり、即戦力の補強が必要と思う。

将来性重視の方針だが、ドラフト会議では結果的に社会人も含めた即戦力も、バランスよく獲得する形になるのではないかと思う。

2015年高校生プロ志望届提出選手一覧 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

2015年大学生プロ志望届提出選手一覧 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

2015年度-独立リーグ・海外投手-右投のドラフト候補リスト

福岡ソフトバンク、過去のドラフト指名一覧 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

方針は将来性重視 西日本スポーツ紙面 2015/10/10

 


PAGE TOP