埼玉西武ドラフト1位・多和田投手に背番号18用意、キャンプは2軍スタート示唆

多和田真三郎

埼玉西武はドラフト1位で指名した多和田真三郎投手に、松坂大輔投手や涌井秀章投手が付けていた背番号18を用意していることが分かった。

埼玉西武、多和田真三郎投手に背番号18を用意

渡辺SDが「今年のドラフトではナンバーワン」と評価、鈴木本部長なども絶賛をした多和田投手を単独指名で獲得できた。森友哉選手、高橋光成投手も単独指名に成功し、1年目から活躍を見せた。多和田投手は大学生という事もあり、それ以上の期待をされている。背番号18はその表れとなった。

しかしこの秋は右肩の違和感で登板をせず、鈴木球団本部長は「焦らずにやれば」と話し、キャンプは2軍からのスタートも示唆した。

大きなスタンスで重心を低く落とし、バッターの近くで152キロのボールをリリースする。低い所からリリースされた球は打者にむかって浮き上がってくるように向かってくるという。プロでもそのピッチングを早く見てみたいが、まずは肩を治して万全の状態にしてほしい。

2015ドラフト全指名選手 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

2015年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト

鈴木葉留彦球団本部長は「我慢してじっくりになることも考えられる」と回復を最優先させる意向を示した。


PAGE TOP