埼玉西武、横浜高・藤平尚真投手を上位候補にリストアップ

横浜高, 藤平尚真

埼玉西武横浜高の藤平尚真投手を上位候補にリストアップしていることが分かった。球団本部長や渡辺SDも高く評価し、1位指名の可能性もある。

7人で視察

横浜高の藤平尚真投手などが出場した春季高校野球関東大会で、埼玉西武は7人態勢で視察を行っていた。そして鈴木球団本部長は「力もあっていい投手。経験がまだ足りない部分はあるけれど、将来性を考えれば、当然上位の候補になる」と話すと、前田編成部育成アマ担当部長も「松坂より涌井に近い。完成度が高く、伸びしろも感じる」と話していた。そして渡辺SDは「打つ方もすごいんだよ」と打撃についても見ていた。

埼玉西武は松坂大輔投手、涌井秀章投手と、横浜高校からはエース格の投手が出てきており、藤平投手にもその匂いがある。現在は雄星投手、高橋光成投手など活きの良い投手が活躍をしているが、先発はあと1,2枚はほしい。渡辺SDは「今年は大学生にもいい投手がいるからね」と話し、即戦力投手が優先ではあるものの、高橋光成投手のように高卒1年目から先発で投げられる投手もいる。創価大・田中正義投手などと比較をし、即戦力・将来性の観点から藤平投手をランク付けする。

埼玉西武は森友哉投手、高橋光成投手、そして多和田真三郎投手と単独1位指名を狙う傾向が最近は特に強く、指名した選手も活躍している。個人的には田中正義投手などは回避し、藤平投手や佐々木千隼投手、黒木優太投手などを単独1位指名してくるのではないかと思う。

2016年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

2016年度-特Aランクのドラフト候補リスト

 鈴木球団本部長が「力もあっていい投手。経験がまだ足りない部分はあるけれど、将来性を考えれば、当然上位の候補になる」と話せば、渡辺シニアディレクター(SD)は「打つ方もすごいんだよ」。準決勝の日本航空(山梨)戦で本塁打したパンチ力にも魅力を感じている。前田編成部育成アマ担当部長は、4月の春季神奈川大会を視察した際に「松坂より涌井に近い。完成度が高く、伸びしろも感じる」と2人の名前を出したほどだった。


PAGE TOP