埼玉西武、ドラフト2位指名の白鴎大・中塚駿太投手に指名あいさつ

中塚駿太, 白鴎大

埼玉西武の渡辺SDなどが、ドラフト2位で指名した白鴎大・中塚駿太投手に指名あいさつをした。最速157キロ右腕の大谷世代投手がプロに向けて旅立つ。

最重量

中塚投手は191cm105kgの体がある。渡辺SDは、「僕より大きい人はなかなか見ないよ」と話し、その大きさに驚いていた。そして、中塚投手がすぐに太るので今はセーブしています」と話すと、痩せたら魅力がなくなる。食べた分、練習もたくさんやればいい」と話した。

中塚投手はこれだけの体があるものの、太い体からパワーの入った投球をするのではなく、きれいなフォームからしなやかなフォームを見せる。大学4年で成績も伴うようになり、来年が非常に楽しみな選手だ。

特に同学年で165キロを記録した大谷翔平投手について、「すごい数字だけど、同じ人間だし可能性はある。その可能性を信じていつかは並びたい。僕は球速が見どころ。そこにこだわる」と165キロを目標にすることを話した。

160キロの大台は、札幌ドームで投げれば到達するのではないかと思うが、そこからプラスアルファをどのように積み上げるか、筋力のトレーニングか、体の使い方か。プロで挑戦する取り組みが良い方向に行ったとき、165キロの数字を見ることができると思う。

2016年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト

「すぐ太るので、今はセーブしています」。今季登録された選手では、巨人・沢村の101キロを上回る日本人投手の最重量だ。「何でも一番になるのはいいこと」と屈託なく笑った中塚に、渡辺SDも「痩せたら魅力がなくなる。食べた分、練習もたくさんやればいい」とスケールの大きさに太鼓判を押した。


PAGE TOP