千葉ロッテがスカウト会議、県岐阜商・高橋純平投手などドラフト上位候補15人をチェック

上原健太, 多和田真三郎, 小笠原慎之介, 岡田明丈, 熊原健人, 高山俊, 高橋純平

 千葉ロッテは7月1日に第1回目となるスカウト会議をQVCマリンで行った。180人をリストアップし、県岐阜商・高橋純平投手などドラフト上位候補約15人を映像でチェックした。

ドラフト上位候補約15人

 スカウト会議は林球団本部長や松本編成統括、その他全スカウトが参加しておこなわれ、ドラフト1位指名は即戦力投手を指名する方針を確認したと報じられている。

 また、映像でチェックしたドラフト上位候補選手として、県岐阜商・高橋純平投手の他、東海大相模・小笠原慎之介投手、仙台大・熊原健人投手、富士大・多和田真三郎投手、明治大・上原健太投手、明治大・高山俊選手、大商大・岡田明丈投手の名前が各紙で挙げられている。

 後8人を勝手に予想すると、東海大相模・吉田凌投手、大分商・森下暢仁投手、駒大・今永昇太投手、早大・茂木栄五郎選手、青山学院大・吉田正尚選手、日本文理大・田中豊樹投手、パナソニック・近藤大亮投手、NTT東日本・横山弘樹投手、といったところだろうか。

 その中でドラフト1位指名で即戦力投手となると、県岐阜商・高橋純平投手、富士大・多和田真三郎投手、仙台大・熊原健人投手、明治大・上原健太投手、大商大・岡田明丈投手、パナソニック・近藤大亮投手、NTT東日本・横山弘樹投手に絞られる。

 

本部長が高橋純平投手を視察へ

 また林本部長は県岐阜商の高橋純平投手を視察するために、夏の岐阜大会に足を運ぶ事も確認された。林本部長は「将来の日本球界を背負っていく可能性を感じる」とまで話し、非常に高く評価している。

 他のスカウトからの異論もないだろうから、ドラフト1位指名は高橋投手でほぼ確定として良いだろう。

2015年ドラフト指名予想 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

千葉ロッテマリーンズのドラフトメインページ | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

2015年度-高校生投手のドラフト候補リスト

2015年度-大学生投手のドラフト候補リスト

2015年度-社会人投手のドラフト候補リスト

今秋ドラフト会議に向けた第1回スカウト会議をQVCマリンで開いた。林信平球団本部長と松本尚樹編成統括、全スカウトが出席。指名候補は約180人で、上位候補約15人の映像を確認した。

 県岐阜商・高橋は1位候補で、林球団本部長は「将来の日本球界を背負っていく可能性を感じる」と絶賛。岐阜大会で視察する方向だ。東海大相模・小笠原、仙台大・熊原、明大・高山らも1位候補に挙がっている。

ロッテ・林信平球団本部長(53)が1日、今夏の高校野球岐阜大会で、今秋ドラフト候補の県岐阜商・高橋純平投手(18)の視察を行う意向を明らかにした。同本部長が地方大会まで出向くのは異例。高橋について「将来の日本のプロ野球を背負う可能性のある素材。タイミングさえ合えば見に行きたいと考えています」と話した。


PAGE TOP