千葉ロッテ、ドラフト1位候補に仙台育英・平沢大河選手浮上

仙台育英, 平沢大河

千葉ロッテはドラフト1位指名候補として、仙台育英の平沢大河選手の評価が急上昇している事が分かった。

関係者が高く評価

千葉ロッテの関係者は仙台育英・平沢大河選手について「立浪さんのようなタイプ」と評価、また別の関係者も「非常に能力が高い。候補には入ってくる」と話し、ドラフト1位候補に入っていることを示唆した。

千葉ロッテは昨年のドラフト会議で1位指名でセカンドの中村奨吾選手を指名している。先発ローテーションも何とかやりくりしながらシーズンを戦っていたこともあり、今年はドラフト1位は先発で活躍できる投手を獲得したいが、大学生、社会人投手に確実に1年目からできるとう投手が少ない事から、それならば将来エースやチームの柱になれる選手とという事で、県岐阜商・高橋純平投手や東海大相模・小笠原慎之介投手などが1位指名候補に挙がっている。

しかし、長年ショートの候補に苦労してきた経緯もあり、現在はキャプテンの鈴木大地選手がショートを守るが、ファームではショートの候補が年齢が高く若手内野手が非常に少ない。26歳の鈴木選手に続く存在として、または鈴木選手をサードにコンバートして中村、平沢、鈴木という野手陣の構想もできるかもしれない。

そういう事から2年連続で内野手の1位指名というのも可能性はありそうだ。いずれにしても若い内野手の指名はありそうで、1位で投手を指名し、2位以降で茂木栄五郎選手や柴田竜拓選手、運動神経の良い勝俣翔貴選手や敦賀気比の平沼翔太選手を内野手としてという指名も考えられる。

千葉ロッテマリーンズのチーム世代表 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

2015年度-高校生内野手のドラフト候補リスト

2015年度-大学生内野手のドラフト候補リスト


PAGE TOP