千葉ロッテの伊東監督、ドラフト1位で即戦力投手希望

小笠原慎之介, 東海大相模

千葉ロッテの伊東監督がドラフト1位指名について、あらためて即戦力投手の指名を希望した。

今日スカウト会議

伊東監督は「やはり即戦力。投手中心のドラフトになる」と話していたが、「少しでも上のチームと差を埋めないと。点を取られなければ負けない」と話し、あらためて即戦力投手の獲得を希望した。

千葉ロッテは東海大相模・小笠原慎之介投手、県岐阜商・高橋純平投手、大商大・岡田明丈投手のほか、仙台育英・平沢大河選手、関東第一・オコエ瑠偉選手など15人ほどをドラフト1位候補として残しているが、松本編成統括は「監督の要望ならそうなる可能性は高い。」と話し、今日のスカウト会議で「方針を決める」とした。

2013年のドラフト会議では左投げのジェスチャーをして松井裕樹投手の指名を示唆したものの、ドラフト会議では右腕の石川歩投手を指名している。今年はどんなアクションをするのか注目される。

2015年度-特Aランクのドラフト候補リスト

千葉ロッテマリーンズのドラフトメインページ | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

林信平球団本部長は「監督にお願いすることになる」と話した。2年前は、巨人との一騎打ちを制して石川を引き当てた実績もあり、今年も託す。20日に最終のスカウト会議を開き、指名選手を絞り込む。伊東監督は「やはり即戦力。投手中心のドラフトになる」と明言しており、東海大相模・小笠原らが1位指名候補にリストアップされている。


PAGE TOP