千葉ロッテ、平沢大河選手の指名の可能性も

仙台育英, 平沢大河

千葉ロッテはこの日スカウト会議を開き、伊東監督も出席した。伊東監督は即戦力投手の獲得を希望する発言をしていたが、スカウト会議後は投手・野手半々と話し、野手の1位指名の可能性も示唆した。

平沢大河選手も1位指名候補

伊東監督は2013年のドラフト会議前は左腕投手の松井裕樹投手の獲得を示唆したが東京ガスの右腕・石川歩投手を指名、また2014年は投手の指名を示唆したものの、早稲田大の内野手・中村奨吾選手を指名し、ドラフト1位指名選手を指名発表まで煙に巻く状況を作っている。

今年はまず即戦力投手の獲得を希望したものの、この日のスカウト会議後は「今の時点ではだれとは決まっていないが、1位を投手で行くのか野手で行くのか半々。僕の中ではほしいと思う選手は3,4人いる。」と話した。そして「仮に外国人が残ってくれても、とっても損は野手だと思う」と話し、内野手のクルーズ選手が退団する可能性があることを受けての発言とみられ、内野手の候補を示唆した。

内野手の候補では千葉ロッテは仙台育英の平沢大河選手を高く評価していた。球団関係者は「高校生だが守備はすでにプロでやれるレベル」と話し、伊東監督も「僕の中では高校生の中でも即戦力になる選手はいる」と、即戦力野手として平沢選手の名前が挙がっているものとみられる。

 

当日に決定

しかし伊東監督は「最終的には当日決めることになる」と話し、多くの可能性を残して明日を迎える。野手ならば平沢大河選手、投手ならば高橋純平投手や小笠原慎之介投手も即戦力として候補に挙がってくる。また他にも即戦力投手として富士大・多和田真三郎投手や仙台大・熊原健人投手、大商大・岡田明丈投手などもリストアップされているとみられる。

今年も1位指名選手が読めない状態で、ドラフト会議を迎えることになりそうだ。

2015年度-高校生内野手のドラフト候補リスト

2015年度-大学生投手のドラフト候補リスト

千葉ロッテマリーンズのドラフトメインページ | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

4時間半におよぶ長い会議を終えて報道陣の前に姿を見せた伊東監督は、穏やかな笑みを浮かべながら口を開いた。

 「今の時点で誰とは決まっていないが、1位を投手でいくのか野手でいくのか半々。僕の中で欲しいと思う選手は3、4人いる。最終的には当日決めることになる」


PAGE TOP