千葉ロッテ、ドラフト7位の高野圭佑投手に指名あいさつ

JR西日本, 高野圭佑

千葉ロッテは永野チーフスカウトなどが、ドラフト7位で指名したJR西日本の高野圭佑投手に指名あいさつを行った。151キロ右腕に期待は高い。

151キロ

高野圭佑投手は呉工業から四国学院大に進むと、最速151キロの速球で大学野球選手権にも出場し、常時140キロを超す投球を見せていた。社会人野球では今年2年目で、主にリリーフなどで登板をしていたが力のある投球をしていた。

先発やエースとしての活躍はまだ見られなかったが、チームとしては将来のエース候補として育てていたようにも見える。JR西日本もチームが復帰してまだまもなく、都市対抗にも出場できなかったが、徐々に選手が集まり力をつけている。もし来年、もう1年社会人でプレーしていたら、ドラフト7位での指名というのはなかったかもしれない。

高野投手は「社会人なので1年目から1軍で働けるように頑張ります」と話し入団に前向きの姿勢を見せる。高野投手をドラフト7位で獲得できたのは大きいように思う。

2015ドラフト全指名選手 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

高野は最速151キロの右腕。豊富を聞かれ「社会人なので1年目から1軍で働けるように頑張ります」とコメントした。


PAGE TOP