千葉ロッテが新人選手入団発表、選手の横顔と戦力アップ分析

千葉ロッテが新人選手の入団発表を行った。9選手の横顔とチーム戦力のアップ度を予想してみる。

千葉ロッテ2015年入団選手一覧

順位 選手名 位置 出身 身長体重 投打 契約金 年俸 背番号
1 平沢大河 仙台育英 176cm76kg 右左 9000 1200 13
2 関谷亮太 JR東日本 180cm84kg 右右 8000 1500 15
3 成田翔 秋田商 170cm70kg 左左 5000 600 41
4 東條大樹 JR東日本 177cm81kg 右右 5000 1200 20
5 原嵩 専大松戸 185cm85kg 右右 3000 500 56
6 信楽晃史 宮崎梅田学園 180cm84kg 右右 3000 800 51
7 高野圭佑 JR西日本 178cm76kg 右右 2500 800 58
育1 大木貴将 香川オリーブガイナーズ 174cm73kg 右左 300 300 121
育2 柿沼友哉 日大国際関係 180cm82kg 右右 300 240 122

 

 新人選手の横顔

ドラフト1位・平沢大河選手 期待度1年目:☆☆☆ 3年目:☆☆☆☆☆

今年の高校野球で最も注目された選手の一人、2年秋の大ブレークから注目され、春はセンバツ、県大会ともに打撃で苦労をしたが、夏の甲子園で3本のホームランを放ち決勝進出を果たした。U18でもW杯での対戦もあるが、大学代表との壮行試合で田中正義投手の150キロの球をフルスイングしてファールし、甘い速球をライトに打ち返した打撃は木製バットでも十分できることを示した。守備も左右に守備範囲が広く強い送球ができる。打撃で不振になると長引いたり、スローイングの安定感にややムラがあったが、それもコントロールできるようになっていきそうだ。併殺などのプレーはプロで教わる必要はあるが、すぐにでも使えそうな素質とそれに食らいつく気の強さがある。

ドラフト2位・関谷亮太選手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆

日大三、明治大でもJR東日本でも実績のある投手だが、昨年秋から今年にかけての状態は良くなかった。活躍した時期はそれほど長くなく、良いときのフォームに戻せない状態が続いており試行錯誤中。独特の上から投げ下ろすフォームでフォークボールが通用すれば楽しみだが、まずは大学4年時の勢いを取り戻したい。

ドラフト3位・成田翔選手 期待度 1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆

地方大会でイニング数を上回る三振を記録し、夏の甲子園で16奪三振など、松井裕樹投手のようなピッチングを見せた。コントロールも変化球もあり今のまま1軍に上がってもそこそこできそうな印象だが、体を作り140キロ中盤を記録するようになれば、松井投手に対抗できそうな感じもあり、じっくりと育ててほしい。

ドラフト4位・東條大樹捕手 期待度 1年目:☆☆ 3年目:☆☆

横から140キロ中盤の速球を投げ、球威で押し切る事ができる投手。しかしやや腕が見やすいような気もするのでストレートはファールで粘られそう、そのときに変化球でどう打ち取るかが課題となりそうだ。

ドラフト5位・原嵩投手 期待度 1年目:☆ 3年目:☆☆☆

大きな体があり球速も140キロ後半を出したことがあるが、高校3年間では投手としてやや伸び悩みも感じられた。甲子園でも見せたように一度タメてバランス良く投げるスタイルだが、体の力を生かせるようにフォームを変える事を求められそうで、出てくるには時間が必要かもしれない。長い目で見て大きく育ってほしい投手。

ドラフト6位・信楽晃史投手 期待度 1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆

大学時は期待されながらも練習嫌いで登板機会が少なかったが、教習所の教官をしながら野球を続けて140キロ後半の強い速球を復活させた。球のキレもあるなど質の良い球を投げるが、やや腰が高く上体投げの感じ。ドラフト6位という事もあり23歳という事もあるので時間はかけられないが下半身を鍛えれば、もっとすごい球を投げられるかもしれない。

ドラフト7位・高野圭佑選手 期待度 1年目:☆☆ 3年目:☆☆

大学時代に151キロを記録している投手。バランスが良く力もあるのだが、フォームがオーソドックスでタイミングが合わせやすく怖さは感じられない。変化球を投げるときのフォームにも課題がある。力のある球を投げる投手なので、打者に打ちづらくするための工夫が必要でそれができれば1軍に昇格できる。

 

育成ドラフト1位・大木貴将選手 期待度 1年目:☆ 3年目:☆☆☆

四国ILで今年68試合に出場し打率.383に43盗塁で首位打者と盗塁王。獲得を狙っていた球団はほかにもあったと思う。岡田選手のようにバットを振りぬいて外野手を超える球を打つようなタイプではないが、バットが短い距離で出て左右にはじき返し、塁に出たら足を見せられる。支配下登録が近い選手かもしれない。

育成ドラフト2位・柿沼友哉捕手 期待度 1年目:☆ 3年目:☆☆

とにかく抜群の強肩と評価される捕手。実績が少なくほかの面で課題は多いが、その肩を軸としてコーチ陣から注目され続ければ、試合で経験して積み重ねていける。

 

チーム全体の戦力アップ 1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆☆

全体的には1年目から確実にできそうという選手はいない。関谷投手、東條投手、信楽投手、高野投手とも課題がある投手で、それをプロで克服すればという選手の獲得だったと思う。そういう意味で平沢選手や成田投手と含めて将来性を見たドラフトだった。投手の指名が多かったが、素質ある外野手が競う中で今年は平沢選手と他は投手と決めての補強だったと思う。チームは3位に滑り込みCSに出場したものの、里崎選手、今江選手、サブロー選手、福浦選手といった日本一メンバーから、鈴木大地選手、中村奨吾選手といった選手へシフトをしている時期で、3年後にそこに平沢選手や今年の投手陣が加わって優勝、という事を考えているようだ。

平沢選手はエラーもするかもしれないが、迫力あるファインプレーで沸かせる選手。温かい目で見て盛り上げてゆけば、西岡選手のようなキャプテンになりそうだ。


PAGE TOP