東京ヤクルト、ドラフト1位・高山俊選手を公表も検討

山俊, 明治大

東京ヤクルトは球団事務所でスカウト会議を開き、指名の方向性を話し合った。今日は真中監督も参加して編成会議を行い、会議後に選手名を公表する可能性も示唆した。

ドラフト1位は高山俊選手有力

スカウト会議後に鳥原チーフスカウトは「方向性を話しただけ。例年になく上位候補を絞り込むのが難しい」と話し、具体的な選手名は出なかった。しかし会議には参加しなかったものの、真中監督は「いい投手がいればいいけど、現状だとやっぱり外野手がいいよね」と話し、外野手の候補として高山俊選手が最有力とみられている。

そして真中監督は今日参加する編成会議について、「戦略的な事もあるし、明日が終わってから」と話し、会議で1位指名選手が決定したら公表をする可能性も示唆した。

一昨日、オリックスが青学大の外野手、吉田正尚選手のドラフト1位指名を公表した。東北楽天平沢大河選手の1位指名を公表している。今年はドラフト1位候補が多くのポジションに散らばり、また飛び抜けた選手がいないことから、先に公表をして他球団に手を引かせるという効果を計算しているかもしれない。

2015年度-大学生外野手のドラフト候補リスト

東京ヤクルトスワローズのドラフト会議メインページ | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

真中監督は会議に参加しなかったが「いい投手がいればいいけど、現状だとやっぱり外野手がいいよね」と話すなど、1位指名は明大・高山が有力。だが、高山がこの日の慶大戦を右手首痛で欠場したことを伝え聞くと「大丈夫かな」と心配そうに話した。きょう20日のスカウト会議は真中監督も入って最終的な絞り込み作業を行う予定で「(ドラフトの)戦術的なこともあるし、あすが終わってから」と話すにとどめた。


PAGE TOP