東京ヤクルト、ドラフト2位の廣岡大志選手に指名あいさつ

廣岡大志

東京ヤクルトは鳥原チーフスカウトなどが、ドラフト2位で指名した智弁学園の廣岡大志選手に指名あいさつを行った。ものすごい選手になりそうな予感がある。

三拍子に長打も

廣岡大志選手は180cmの大型内野手だが、サード、ショートそして外野も守る器用さがある。今年はショートとしてプレーし、東京ヤクルトも遊撃手として育てるという。また高校通算35本塁打の長打力も魅力で、昨年の岡本和真選手のようなスラッガータイプではないものの、鋭いスイングと飛距離は十分あり、タイプとしては山田哲人選手に近い選手とみられる。

アウトコースも逆らわずにうったりとコースにも対応できる選手で、今年の高校生内野手では平沢大河選手に次ぐ選手だと思う。廣岡選手は「左で打ったり投げたりできます」と打撃でも器用さを見せる。

「けがをしない体の強さを褒めてもらってうれしかった。山田哲人選手みたいに三拍子そろった選手になりたい」と話した廣岡選手、目標とする選手が近くにいるのは最高の環境といえる。山田選手が成長した過程を進むことができれば、3年後くらいから頭角を現し始めそうだ。期待したい。

2015ドラフト全指名選手 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

智弁学園高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

 「けがをしない体の強さを褒めてもらってうれしかった。山田哲人選手みたいに三拍子そろった選手になりたい」

 野球を始めた小学4年まで、広岡はスノーボードに夢中。バランス感覚を培い、故障知らずの体になった。右投げ右打ちだが「左で打ったり投げたりできます」。


PAGE TOP