ドラフト1位対決、原樹理投手はスクイズの1点で敗戦

原樹理

ドラフト1位指名投手同士の対決となった東都リーグの1部2部入れ替え戦、今季6勝3敗で東洋大の絶対的エースとして2部で1位となり、東京ヤクルトがドラフト1位で指名した原樹理投手は満を持してこの試合に臨んだ。

スプリットさえ8奪三振

原樹理投手もこの日は抜群の投球を見せた。駒澤大は貧打が激しい状態とはいえ、左打者のインコース低めにストレートを差し込むと、いつもならば得意のスプリットは打たせて取るための球だったが、この日は次々と三振を奪った。

5回までに8つの三振を奪うハイペースの投球で、三振を奪うスタイルで横浜DeNAにドラフト1位指名された駒大・今永昇太投手と三振でも互角以上のペースで投げ合った。

しかし終盤にランナーを背負う場面がやや増えると8回、ヒットと送りバントでセカンドにランナーを進められたあと、バッテリーエラーでサードまで進められる。そして1アウト1,3塁の場面で駒大1番の米満一聖選手に2ストライク後からスクイズを決められ1失点した。「追い込んでからやられるとは思わなかった」とファーストにカバーに向かって走った後は、しばらく動けなかった。

結局この回はこの1点だけに抑えた。2戦目の登板も考えてこの回で交代し8回を投げて5安打8奪三振2四球で1失点、「本当に悔しい」敗戦となった。ドラフト1位で指名した東京ヤクルトの小川SDは「球種も豊富だし大崩れしなく試合を作れる。即戦力」と評価した。

素晴らしいピッチングだったことは間違いない。そしてタフなエースは今日も先発に備える。

東洋大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

4回に右ふくらはぎをつるアクシデントに見舞われながら7回まで無失点に抑えてきたが、1死一、三塁で1番・米満にカウント2―2からスクイズを決められ「追い込んでからやられるとは思わなかった」とがっくり。8回1失点での降板に「途中で降板して悔しいし、情けない。連投もいけます」と涙ながらに雪辱を誓った。


PAGE TOP